技能試験勉強用に

 技能試験の本を買い足しました。左のオレンジのすいーっとは持っていたのだけど、ソースは複数あったほうがよいので電気書院のを買い足しました。ただ、両方共輪づくりの所はペンチでやってるので長さが違うんだな。ホーザンの工具の動画やらネットをみて被覆20mm芯線18mmと覚えましたけど。

 あと、MCCのワイヤストリッパーのエコケーブル対応版も買ってみた。頂いたセットに1世代前のが入っていて、剥くのは早くて良いのだが、切り口は力技だなぁと思ってたので。で、エコケーブルを剥いてみましたが、剥けるけどやはり力技だなぁ。試験で使うかは微妙かも。あ、エコケーブルはホーザンので剥けば良いからVVFを剥くのには使えるかな。

 今週はケーブルの扱いに慣れる期間にしてます。2mmは当然、1.6mmでも太くて扱いづらいもんねぇ。

 今の時代はYoutubeにも技能試験の手順動画が載ってて助かります。講習会なんかもやってますけど、そういうの受けなくても何とかなるでしょう。1.6mm2芯のケーブルは頂いたのが大量にありますから、ひたすら慣れれば良いのだ。ランプレセプタクルは13問中12問で出てくるし、唯一ランプレセプタクルが無い問題も露出コンセントがあるので、輪づくりは必須なので。ここをねじ込みまでサクッと素早くできると良い感じかなと。

DOSUN A2はぷっつりと消える

 ブロンプトンの短日期のメインライトにDOSUNのA2を使っている。こんなの↓。ブラケット部が硬くて取り外しがしにくい上に、バランスが悪くてすぐずれるしで微妙だが、ライト本体の性能は良い。

 サブではキャットアイのHL-EL450を常時つけている。これライト本体が90度回転できるので、ブロンプトンを折りたたむ時もハンドルバーと並行に回転しておけば問題がないのだ。

 で、本日会社からの帰宅時に立日橋を渡っていると、DOSUN A2の上部の動作表示が赤くなっていた。あー電池切れの予告かと、サブのHL-E450のスイッチを入れて二灯体制。このまま持つかなと思ったら、自宅の300m手前でぷっつりとDOSUN A2は終了。徐々に暗くなるのではなくいきなりです。高光度の為に昇圧してるからなぁ。昇圧LED駆動の熱対策に本体全体がアルミ合金だ。帰宅後早速充電です。エネループプロの初期型を使ってます。