マンション上の階の騒音2

 彼らが引っ越してきてからずっと悩まされている。

 このマンション、URとはいえフローリングなのです。で、小さいお子さん連れの家族が上階に今年の冬に引っ越してきました。どうやらフローリングのままで敷物とかせずに生活されているらしくて。毎度上からトットットットットとかドンドンドンドンとかのお子様の足音が聞こえます。しかも暗くなってからなんてもんでなく22:00過ぎでも。
 上からの騒音ってホモサピエンス的には厳しいので、何度か申入れしてますがダメぽい。「気をつけています」とか言われても「何をいつまでにこういう工程で改善する」みたいなのを貰わないとダメなのかな。全く改善されていない。
 引っ越したい気持ちはあるのだが、上に負ける事はしたくない。でも、もう辛い。216号室のTKMTさん!マンションに住む人としてどうなの?眠れない事の保証を求めても受け入れてくれる?ってか保証より訴訟だけど。
 子供が音を立てるのは仕方がないが、それに対して何も対処をしていないtkmtには負う所がある。そして、「気をつけています」というなんの保証も実績もない言葉のまま、ずっと騒音を放置したままだ。訴訟に持ってっても良いけど時間がないしどうしたもんやら。とりあえず何月何日何時何分にうるさかったかはメモしておく。

Kindle関連

Kindle関連
 Kindleストアがオープンしたおかげで電子書籍を買いまくってしまう。それ以前にもEbookJapanとか利用していたが、やはり複数端末で利用可能なのが大事。EbookJapanだと常に1つの端末でしか読めない。でもPCで読める点は評価している。一番簡単なのはオライリーのEbookみたいなepubとかPDFでDRMフリーにしてしまう事。でも、それはなかなか金関係で難しいのだろう。オライリーの米国ストアだと定期的にディスカウントしててつい買ってしまうw。オライリーの本は技術者向けなので英語でも大して問題ないのです。逆に国内のオライリーだと翻訳されるまで待たないと行かないのが今の時代ではキビシー。

 Androidのkindleアプリもまだまだで、ページ送りがもたつくし、回線が混んでいるのか買った本がなかなか落ちてこないとか。それは時間が解決してくれるとは思うけど。

 SonyのReader StoreがAndroid向けにもオープンしていたが、Nexus7で雑誌が買えない事があったし、ポイントはつくけど高いというヨドバシ、ビックカメラ戦法をつかってるのでAmazonには負けるのかもなぁとか思ったり。
 あとは、個人出版を受け付けてくれるのかな?自伝とか書きたいじゃんw。