大晦日帰省

 おやじが心配なのでツレと一緒に自分の実家へ帰省。
 東海道新幹線は11:00東京駅発。東京駅までは中央線。中央線といえば何か起きるので早めに8:18のバスで家を出た。おみやげも東京駅で買うつもりなので。

 そしたらやっぱ中央線止まりました。しかも神田駅を出て東京駅まであと数百メートルのところで抑止。今の運行システムだと問題発生車両の周りは路線がちがっても止まってしまうから仕方ない。10分程度で動き出したのでOK。
 東京駅でおみやげを買って、JR東海の券売機でe特急券を引き出して、乗車券も買って準備はOK。特急券と乗車券と別々に買わないとダメになったので時間がかかる。
 この時点でまだ1時間も余裕があるので駅地下のパン屋で朝ごはん。そしてトイレ(大きい方)にいったら長蛇の列だった。なんとか15分前にトイレをすましてホームへ。
 今回は二人の荷物をコロコロの付いたデカいトラベルカートに入れてるので楽は楽なのですが、慣れてないのでいろいろ引っかかる。最近の4車輪自由タイプではなく2車輪の固定軸なのです。高松で帰りに荷物送るのに買ったやつだな。

 まぁ、定刻通り新幹線は出発して1時間40分程度で名古屋駅着。東山線と鶴舞線と豊田線で上豊田駅で下車。新幹線のなかで二回、上豊田駅でもトイレに行った。お腹くだってましたので。自宅最寄り駅は三河線の平戸橋駅なのですが、家族の送迎があるときはたいてい上豊田駅なのです。母親が来てくれて無事に帰宅。

 家につくなりオヤジのパソコン2台と弟のパソコン1台のメンテ対応。オヤジの古い奴はHDDが逝ってて起動シーケンスの途中でリトライしてる感じなのでダメ出ししておいた。もう1台は無線LANの機能がオフになってたのでオンにしてつながるようにした。そうしたのだが、電波が弱くて不安定。大元は2Fの弟の部屋に引きこまれてそこに無線LAN親機ががあるので。そしたら何やら無線LANルータをオヤジが出してきた。不安定ななかネットで調べると無線LAN子機のいわゆる無線LANブリッジに使えるようなので設定。さすが専用無線機なので安定してつながるようになった。
 弟の懸案は、PCのマザーボードを変えたようだがWindowsがPCI関連を認識してない。ドライバーもないし、PCI認識しないとLANも使えなくてネットからドライバーを落とすこともできないのでダメ出しして終わり。奴は別にメインPCがあるのでまぁ大丈夫でしょう。

 あとは、晩御飯をみんなで食べて、ツレと自分は居間でテレビ見つつ、ツレの年越し蕎麦を食べて「ゆく年くる年」を見たところで寝ました。

年内最後の銚子丸

 お昼にすし銚子丸に行ってきました。
 もうすっかり海鮮三崎港には行かなくなってしまった。
 五島さば、的鯛、金目鯛、縞あじ、づけ真鯛、イワシ・・・などなど美味しくいただきました。

 食後に同じフードモールに出来た、業務用スーパーのアミカに寄る。前回来た時に見つけていた冷凍ラムラックを購入。677gで8本分(100g350円)、オーストラリア産。旨ければリピートするだろう。

mbed版水槽カメラ 運用開始

20141228_01

 秋月の4×4基板(あれ?これ以前は大量購入すると安くて(100個で@5円の500円)カット前の基板を変えたのだが)を使って、きばん本舗のmbed BaseBoard イーサネットの上にかぶせるシールド基板を作成。mbed BaseBoard イーサネット自体にもユニバーサル基板部分はあるのだけども、今回はCDSつけたり外部との接続端子だったりでその部分は使い物にならないのでした。

 20141228_02
 上にシールド基板を載せてピンヘッダを下ろすとなるとmbed BaseBoard イーサネットの標準のコネクタだと狭い(mbedの基板の幅がちょいあるから)ので更に外側の部分にコネクタを増設しました。

 んで、回路を作成して、コードを変更しようとしたらエラー。なーんか昨日も重かったりしたのだけども、mbedのオンラインコンパイラがエラーを返す。なんどかトライしていると通るのでとりあえず入れ替え出来るレベルにして、今までのArduinoの水槽カメラと入れ替えた。まだ、コードは手を入れたいので、メインマシンのUSBハブ経由での接続&電源供給です。

 カメラ自体は同じLinkSpriteのシリアルJPEGカメラなので特別変わったことはないでしょう。

水槽カメラmbed化中2

20141227_01

 まだ途中です。

 撮影とァイルのアップロードは安定したので。水温測定と周りのあかるさを測定して明るい時のみ画像をアップロードする部分を移植中。
 LPC1768でやってたのですが、欲を出してFRDM-K64Fでやったら動かないし、別のコードでADC測定も安定しないし。FRDM-K64Fはmbedとしてはまだ実用に絶えないかもしれない
 なので、安定のLPC1768を画像のようにボードオレンジ上でデバッグして、実運用は画像左のきばん本舗のmbed BaseBoard イーサネットの上にユニバーサル基板をかぶせる形にします。
 とりあず画像右側のボードオレンジ上ではコードができてるので、しばらく動かしてみつつ、明日はmbed BaseBoard イーサネットにかぶせる基板を作成します。

IMEのオンオフを変更

 自宅にHHKlight2を入れたので、カスタマイズ。今までUS101 or 104キーでCAPSロックをIMEのオンオフに割り当てていた。
けれども、HHKはCAPSロックキーの位置にControlキーがあるのだよね。20年前ならわかるけど、もうこの位置のControlキーってマシンは少ないよ。
じゃあControlをIME切替に入れ替えるかというとそういうわけにも行かない。HHKはキーが少なくていまどきのControlキーの場所には何もキーがなく割り当て不能。

 ということでLinuxでは一般的なCTRL+SPACEでのIME切替に指を慣れさせる方向に転換しました。CAPSロックに割り当てみたいなモディファイヤーに割り当てるような変態的なことをしなくて良いので標準でIMEが対応できますね。Linux系のたいていはこれで行けるのでこれに慣れておくことは損はないかと。

クリスマスイブ

20141224_01

 今年は七面鳥はなしで、以前買っておいた羊のラムロックを解凍して食べた。盆と正月がいっしょに来たような旨さ。オーブンで焼いているそばから羊の香りが最高で腹が鳴る。羊だめな人はダメなんだろうなぁと。でも山羊はさらに厳しいとか言うし実際どうなんだろう。来年の目標にヤギ汁を食べに行くことを入れておくべきか?

20141224_02

 ケーキは予約しておいた、マメゾンアンソレイユターブルの奴。ツレが夕方受け取りにいってくれました。まぁ変わらず美味しいです。

水槽カメラのmbed化中

 水槽カメラをArduinoからmbedに移植作業。

 テスト用にCentOSでapache+phpな環境を構築。今はphp単品でwebも出来るのを忘れてた。
 mbed。時期が悪いのか、mbed側のネット系のライブラリが入れ替わってていろいろ目論見通りには行かない。
rtosとかいらないので昔ので良いのだよ。これのおかげでシリアルがふんづまることに気づくのに2時間くらいいろいろ試してしまったし、まだパケットが安定しない。mbed側での動作自体は正常終了してはいるのだけど、Webサーバ側で受け取れてない感じ。
 現在たまに正常動作するレベルのこのソースをFRDM-K64Fに持って行ったら余裕で動いたりするかもしれない。そんな雰囲気。

 なんかmbed界隈のrtosがらみが嫌なのでPiで実装するかも。って、PiはADCが無いんだよなぁ。

mbed水槽カメラの伏線

20141222_02

 やはりLPC1768の方が使いやすいのでブレッドボードでプロトタイプを構築。localfilesystemが何かの時に便利なのだよ。USBでPCにつないだままで確認できるし。
 というかmbedプラットフォーム拡大しすぎw。各々でピン名が違うので把握するのが大変。

HHKB Lite2

20141222_01

 昨日、自宅で愛用しているFILCOのMagesTouchのテンキーレスがヘタってきたので買い換えようと探してた。でもFILCO高いんだよ。東プレなんか更に高い。英語キーでamazonを探してたらHHKBライトのの英語版があったので発注してみた。HHKBはノーマルとLiteは使ったことあるがどちらも結婚の際に捨ててきた。ノーマルは3万くらいで買ったような記憶がある。タッチは良いが、カーソルキーが欲しかった。
 で、HHKB届きましたが・・・。いやーんCAPSロックの場所にControlかよ。もうA101キー以来の小指がつる位置になれてしまったからなぁ。FirefoxのCTRL+リンククリックがしにくい。でも、こうやってこの記事を書いているうちにControl+spaceのIME制御には馴染んでしまった。あとBACKSPACEキーが一段下にあってその上のキーをつい打ってしまう。L型の日本語キーのエンターキーに慣れてる人には良いのでしょうが通常キー2つ分位の英語キーの横型BACKSPACEに慣れてるとキビシー。それもなれるかも。
 と、文句は書いたけど、これ打ちやすいし小さいし良いです。職場用にもう1つ買おうかとか…というまに発注しておいた。まだ英語配列USB版はデイスコンでは無いみたいなのでさらに予備はいいかな。

金魚水槽カメラのバージョンアップ(途中)

20141221_11

 本日は金魚水槽カメラの更新のためのテスト。
 まずはArduinoMEGAにしてのお試し。現在動いてるのはArduino0.22のプログラムで、これArduino1.0以上にするとリセットかかったりしてうまく動かないのです。メモリに余裕があるMEGAならいけるかなと思いつつ。
 まず、ubuntu環境でやってたのですが、ArduinoIDEでアンダーバーが表示されない。フォントをいろいろ替えてもダメ。諦めて昨日直したWindows8.1環境でテスト。こちらはさすがにアンダーバーは出ます。でも、やぱりリセットしたりと不安定な部分がありまして、ちょっと断念。

 つづいてmbedのFRDM-K64Fな環境でのテスト。ピン名が1768のmbedとは違うので大変。とりあえず、microSDにカメラ画像を保存できるところまでは確認できた。でも、LS-Y201のサンプルのこのソースを見てると、FRDM-K64Fを使わずとも1768のmbedでも行けそうだと思った。カメラからjpegのチャンクをsdに書いてる部分をhttpの一部に置き換えれば良いし。ならそれほどメモリも要らんだろうと。まぁ、1768よりFRDM-K64Fの方がLANコネクタ付いているしArduinoフォームファクタだしで小型化は出来る。火曜日に試してみよう。