ATtiny84vにしてみたり ATmega328pに戻したり

 ハロウィーンイルミネーションの話です。

 電池ボックス内に入れる基板の実装に不安を覚えて、14ピンDIPのATtinyでもプロトタイピングしてみました。
PWMも4つ使えるし、ATmega328Pの28ピンと比べると半分の長さですから。
 で、動作時の電流を測定してみると、なんか多い。まぁ、LED点灯時でなければ2mA以下なのですが。タイマーが2つしか無いからPWM使うと厳しいのかしらん?

 結局、328Pで実装しました。

20150913_01
 プログラム書き込み機能は省いて、デスクで書き込んだICを丸毎取り替えるようにICソケットソケット実装です。

 続いて、リースにつけるLEDに電線つけてコネクタを圧着する作業があります。

Comments are closed.