そして改善へ

中華Kosselですが、大体動作の感じがわかってきたので改善にかかります。
1年前に買ったcubisと比べると、プローブでの自動水平調整があるので、フィラメントが張り付かなくて失敗することは無くなった。
が、そのプローブの自動収納は実現できてないし、印刷速度はちょっと早くなったくらいかなぁ。

なのでマイコン部分をArmにすげ替える予定。
あと、ホットベッドのヒーターの加温が遅いのでこれも何とかしたい。
アームのフィッシュアイももうすこし上等のものにするかマグネットジョイントにするか。

でも、ホントcubisほどは定着失敗が無いので気持ちが楽です。

Comments are closed.