歩いて帰る

帰り意外と涼しかったので立川駅から歩いて帰宅した。
会社帰りで疲れているので安全を考えて杖をだして使った。「ここに歩きが不安定な障害者がいます」という周りへのアピールも兼ねて。杖持ってるからか杖なしのときより歩数はのびず。時間は40分くらいで、以前とかわらんね。会社帰りでも40分しかかからんとも言える。
梅雨になる前にもっと歩いておきたいが今のフォーム・筋肉の使い方で良いのかどうか来週末の通院でPTさんに確認みたい。

装具無しで散歩

さほど暑くないという天気予報の五月晴れの今日。ツレはともだちと「駅からハイキング」に出かけたので、自分は単独歩行練習。前にツレと一緒に杖あり装具ありで歩いたコース。今回は杖なし装具なしで出かけてみた。一応デイパックには杖と装具を入れて。
天気が良いからこころも軽やかでいい感じ。まぁコアマッスルが動かないので一般的な「麻痺の人」の歩きになってしまうが。なるべく麻痺側を引きづらないように注意しながら。ほんとこの「内反尖足」は歩きにくいといったらありゃしない。途中で自分と同じ右肩麻痺の男性とすれ違った。天気いいから歩けるなら歩きたいよね。
立川通りに出て南下。幼児の自転車にぶつかられそうになりつつ(前見ずにつっこんでくるんだもん)。競輪場の市民の丘に登ってみた。階段に手すりがないので降りるときはつづら折れのスロープで降りてきた。万歩計をみると1万歩を超えてた。

健側の手のつめを切れた

右側片麻痺の自分であるが、左手の爪が切れず今まではツレに切ってもらってた。
その他の左足は左手で普通に。右足はクロウトゥにならないように気にしながら左手で。小指は足の裏側からアクセスしたりもする。
右手は左手で開いた手のひらを机に押し付けて上を向いてる間に爪切りをあてがって。

で、今日はひだり手の爪にチャレンジした。爪きりを机の上において、左手の爪をあてがう。握った右のげんこつで爪切りの上側を押す。いままでだと押し下げる力がぜんぜん出なかったけど今日は切れるくらいの力がでました。なんかランクアップした感じでうれしいね。

去年の今頃は

去年の今頃はどうしていたか。急性期病院からリハビリ病院に転院してすぐの頃。当然まだ車椅子。自力でどこにもいけません。なんか膀胱炎で頻尿でナースコールしてもすぐに来なくて苦しんでましたねぇ。
トイレは1年たった今でも個室で座ってが普通になってます。個室が空いていない時は立ってやったりしますが、緊張の所為かなかなか出ないです。

多摩障害者スポーツセンター休館中

3月頃ツレがスポーツセンターでプールの運動を試してみろ、浮力でバランスとりやすいし転ぶ恐れなしと提案してきた。。
その時、調べてみたら4月初旬まで改装中で休みとあった。で、最近再確認すると7月までうちから遠い味スタで開館と。永久移転ではないけども、今の南部線谷保駅近くの場所では夏までやらないらしい。
というわけで、出鼻をくじかれた話でした。

大学通り

昼飯かねて大学通のサクラを見物にいってきた。
ツレが一緒なので装具なし・杖ありで。
昼飯はロージナ茶房のカレー。運ばれてきた時はご飯もカレーもアツアツで火傷するかと思った。そして量が多かった。店変えてドトールで「桜香る ホワイトショコラ・ラテ」のアイス。そして大学通りを南下。装具なしの所為か麻痺側の足親指が痛くなるのが早い。ゆれる歩道橋(ここは階段でなくスロープなんです)も渡ってさくら通り通って「多摩障害者センター西」のバス停まで。そっからコミュニティバスに乗って帰った。

2ヶ月ぶりのPTリハ

本当にひさびさ、2ヶ月ちょいぶりで本院のリハビリに行ってきた。最後なのでツレ同伴で。
玄関前は桃の花。1年前はここで車椅子に乗って、左手での食事に苦労してた。

10メートル歩行を時間計測し、今やってる自主リハビリの内容を説明&実演。追加で2,3つ新しいストレッチをコーチして頂いた。今月から杖使わずに通勤してると報告したらちょっと予想外だった模様。装具についても無しでの生活の練習をしていって良いとの事。で、一応これで医療保険のリハビリは終了。

でも、介護保険のリハは自分にとってはちゃんちゃら可笑しいものだし、適用延長はしない。延長しても要支援だし、そもそも利用できるサービスに受けたいものが皆無である。まぁ15年後にお世話になる事があるかもしれんからここまでにしとく。

1年

去年の3/16に脳出血発症してから丸1年立ちました。
リハビリ難民ですが、会社に努めているので朝起床後と夜帰宅後と職場で休憩がてらにちょっとした自己ストレッチ類をやるくらいしかできません。
なんとか、月2回40分程度の理学療法士の指導を受けられるようにならんかな。
麻痺側上肢は巻き肩の所為かむくみでパンパンのままだし、下肢は内反尖足があって装具なしだとつまづかないで歩くのに苦労する。
ほんとなんとか効き目のある医療を受けられるようにならんかな。