8/7伊豆箱根鉄道 大雄山線 乗りつぶし

いつもの様に南武線で登戸まで。登戸で小田急に乗換。今回ちょいと時間が早かったので、快速急行がまだない。急行藤沢行きで町田まで行き、町田で対面乗換で急行小田原行き。ただ急行といっても途中から各駅に停車。中央特快が立川以降各駅停車なのと同じか。

小田原駅に到着して、大雄山線へ。どうせなので1日フリー乗車券を買った。終点の大雄山往復と料金は一緒。電車は3両編成。

サクッと21分で終点の大雄山駅に到着。12分毎に電車があるんで使いやすい。改札出てすぐさま乗ってきた車両に再乗車して小田原にもどった。

小田原でツレへのお土産を買って、アジの唐揚げ(カレー味)を食べて、帰りの東海道線のグリーン車で食べるべく相模屋のいなりを購入。小田原城の天守も見えたよ。

小田原始発の高崎行で東京駅まで行って青梅特快で帰ってきた。グリーン券はJREポイント400PTS 。平場席。川崎で降りて南武線でも良かったが、停まる駅が多いと疲れるから中央特快、湘南新宿ラインで新宿行って、中央線特急という贅沢パターンは発動しなかった。


7/17 磐越東線のりつぶしと常磐線

立川→東京→いわき→郡山→大宮→国立

3連休の中日の日曜日。当初は水郡線を考えていたが、東北の天候が危うい状況だったので変更して常磐線特急&磐越東線の旅となった。

立川843あずさ4号→925東京
味をしめた中央線特急での東京駅までの移動。あくまでJREポイントでの乗車です。

東京953ひたち7号 1号車 1番A席→1207いわき
常磐線特急の最後尾車両の最後尾座席の’海側。中間車両は意外と席が埋まってたので。

水戸駅はトイレにいたので記憶がない。日立駅はいつか降りてみたい駅です。

茨城は曇りだったが福島に入ると夏空。

いわき駅で1時間ほど時間があるので、駅前のビルで寿司をつまんだ。シマアジ2貫と白身3貫。地方の駅前ビルという感じ。

いわき1327→1537郡山
磐越東線のキハは1300すぎに入線。運転士さんがホームから奥の線路に降りていって、列車によじ登って、エンジンかけて入線してくる一部始終をみられた。無事に2両のうち後ろの1両の二人がけボックスをゲット。すぐさまトイレをチェックしたが和式。

何度かの行き違いをしながら2時間かけて郡山まで。

郡山では1番の目的の「もりっしゅ」で鯉のカルパッチョなど。あと、馬刺しとシャモの焼き鳥。

郡山1706→1759大宮
郡山から大宮まで途中停車は宇都宮だけというやまびこ。ACコンセントが窓際席しか無いやつだが、最後尾席通路側を抑えたので、後ろの壁のコンセントを使えた。というより、窓側予約してた客が来なかったので結果的には窓側コンセントも使えたが。新幹線・特急でコンセントが使えないのはひさびさだったのでちょっとびっくりした。中央線特急になれ過ぎか。新幹線が経路にある旅行は新青森往復以降モバイルバッテリーを持ってきていない。

大宮でおりて3番線ホームでむさしの号八王子行き。大宮駅はエスカレータ・エレベータの配置が障害者向けではないな。ホーム場をだいぶ歩く必要がある。古い駅は仕方ないけど。

今回乗り潰せたのは以下。
常磐線(北千住-いわき 間)
磐越東線(いわき-郡山 全線)


7/8,7/9上田電鉄・長野電鉄乗りつぶしとしなの鉄道・北陸新幹線 2日目

ホテルの朝食は630からだが、それを横目にチェックアウト。

上田始発648→741長野のしなの鉄道。これで長野-軽井沢の3セクされた信越本線はのりつぶし完了。とき鉄の旧北陸本線の時も思ったけど旧本線は線路的には素晴らしい。土曜の朝なのでじわじわと通学の学生で車内は埋まった。

長野801→849信州中野 信州中野854→909湯田中
前回上越の旅で長野駅にきてたので構内感覚があって助かった。無事長野電鉄。障害者割引があるので窓口で発券してもらった。この時間は湯田中までの直通が無いが、信州中野での5分乗換は同一ホームでの対面乗換だったので身体障害者にも楽勝でした。

湯田中 特954→1042長野
湯田中に着いたそばから帰りの切符を購入。特急料金100円です。トイレに行ったら身障者個室がタバコ臭かった。湯田中のイメージが下がった。ローソンで水分を購入し駅裏の足湯方面で休みつつ帰りの電車の時間待ち。

長野 快速1112→1225松本
長野駅で小布施の栗羊羹を土産に買って、松本行きの快速に乗車。快速っても飛ばす駅は1駅くらいでほぼ普通。

松本1345→立川1557 あずさ
松本駅ビルの「松本からあげセンター」で昼飯。山賊焼きと鶏皮ポン酢。

お疲れ様でした。


7/8,7/9上田電鉄・長野電鉄乗りつぶしとしなの鉄道・北陸新幹線 1日目

朝イチでボトックス注射を受けての出発。
行程は
1日目【立川】→【東京】→【佐久平】→【小諸】→【上田】→【別所温泉】→【上田】
2日目【上田】→【長野】→【湯田中】→【長野】→【松本】→【立川】

立川1053→1130東京はJREポイントでかいじを利用。

東京1204→1303佐久平はあさま611号。E6なので電源も確保。これで高崎-佐久平の未乗車区間の乗車完了。
途中下車して佐久平駅の吹き抜け2Fの土産物屋にいった。目当ての「鯉のうま煮レトルト」がいっぱいあって目移りしながら2つチョイスした。

佐久平1338→1412小諸は小海線。4月の小諸→小淵沢の小海線乗り通しの時と同じで「乙女」駅は写真を撮ってしまうね。

小諸では乗り換え時間が近いので精算は上田駅ですることにしてそのまま「しなの鉄道」に乗換。

小諸1423→1443上田
しなの鉄道。軽井沢-上田間の新し目の電車は発車メロディが「信濃の国」。この曲は亡くなった義理の父を思い出す。小諸-上田の未乗車区間の乗車完了。

上田1510→1537別所温泉1607→1637上田
上田電鉄乗りつぶし。緑が多くて良い行程だった。

帰りは途中から長野大学の学生がたくさん乗車。上田はいい感じの場所なのでまたゆっくりと来たい。
本日のお宿は駅近くの東横イン。
晩御飯は事前にチェックした「熱烈ホルモンぶう」、「上田ぶたひつじ」から前者を選んだ。馬刺しが一般店の値段で倍の量・厚みで大満足。ホルモンも厚かった。



JR東「週末パス」との比較

今回の行程は「週末パス」の範囲だったので比較してみた。そもそも「週末パス」の存在を忘れていた。

JR東 週末パス 8880円

個別手配
立川→小諸 1700円
小諸→上田 210円
上田→別所温泉→上田 300円x2
上田→篠ノ井→長野 290円+200円
長野→湯田中→長野 600円x2
長野→立川 2420円
計 6620円

週末パスのほうが気楽で途中下車もできるのはいいね。でも今回は土日ではなく金土なので週末パスは使えませんし。自分の場合、金土ででかけて日曜日は回復に回す事が多い。
ハッピーマンデイのある3連休でうまくハマるか考慮してみたい。ただ障害者手帳(2種)も面倒だけど強いから。
ただ、7/20-9/10は18切符の有効期間なので本数の少ない地方には出かけないほうが良さそうだ。