2013年01月13日一覧

遠江あたりの旅行計画

 ツレが浜松にある秋野不矩美術館に行きたそうなので、経路を計画。(ツレはアジアン旅行とかヨーロピアン旅行も行きたいようだけど、定年後にしましょう。)

 そのあたりだと自分的行きたいポイントは遠江一之宮と三河一之宮、豊川稲荷とお狐バーガー。

 秋野不矩美術館と遠江一之宮 小國神社は天竜浜名湖線沿線なので一緒に廻れる。豊川稲荷三河一之宮 砥鹿神社は豊橋に出て飯田線。
 東京からは浜松に出るのが良いのか掛川に出るのが良いのか悩む。浜松は高速バスがあるが3,770円と意外と高価だし新宿から4時間半かかる。新幹線で新横浜→浜松は1時間ちょいだが7140円。指定だとプラス500円ちょい。三河一之宮、豊川稲荷とお狐バーガーも入れるともれなく一泊になりますね、浜松か豊橋で。豊川稲荷は実家が正月二日目によくいくのですが、奥の狐塚まで行ったことがないのです。狐塚についてはここが詳しい

 中央線沿線にいると諏訪方面へ行くのががいかに楽ちんかわかります。中央道高速バスもあるし、特急あずさも立川止まるしで。あずさで5000円程度、高速バスだと3000円未満しかも高速バスは便数が多い。どちらでも2時間ちょいで着く。東海道新幹線だと乗られる東京駅or新横浜駅(あえてメリットがない品川駅は外す)まで出るのに1時間かかるのがネック。
 深夜バスのドリーム浜松・静岡を使うパターンもあるが、1日で廻りたくはないな。まぁ、お狐バーガー類は無しにして、駿府城といちご狩りをプラスくらいの一泊余裕プランもいいかなと。まだまだ検討中。

 浜松って、子供の頃に家族旅行でよく行ってた場所。舘山寺のゆうえんちパルパルとかフラワーパークとか。フラワーパークと言えば、名古屋の東山植物園も久々に行ってみたいなあ。

 で、気づいてしまいましたが。伊豆のMOA美術館の尾形光琳の紅白梅図屏風の公開って2月限定だったような。悩ましい。


電線いろいろ

20130113_01

 マルツに電線を発注したのが届いてます。奥のロボットケーブルは4芯でAWG28とか書いてあったので買ってみたが、やはり中の線がAWG28なだけで外径は3mm、4mm程度あってイルミネーションのRGBLEDにつなぐには太すぎる。
 手前左側はAWG28の撚り線。おとなしめの黒と緑。外形は1.2mmとな。右手前は普通のETFEの単線。

 クリスマスのイルミネーションのLED用に結線するとなるとなるべく目立たない外皮色、かつ取り回しがしやすい線が良いのですけどね。
 昨年は単線を使ったので硬くて取り回しが微妙でしたので、撚り線を買ってみた次第。赤とか使ったらツレに怒られましたし。
 まだ11ヶ月あるからいろいろ試せます。


雨センサー改良予定

 ベランダの雨センサーをSeedStudioのソーラーバッテリーのBreakoutに変更予定。そして、そのセンサーの電波を受けるのは同じくベランダにある気象台モジュール。気象台モジュールが暇こいてる時に雨センサーのプッシュデータを受けとっておき、濡れてるかどうかの判断をしておいて、部屋内のマスターコントローラから問い合わせがあったら答えるという形式に。

 やることは簡単ですね。この際なので、ベランダ気象台モジュールもユニバーサル基板にしちゃおうかな。XBeeが2つ載りますが、ハードシリアルが2つあるSanguino形式にするか、片方をソフトシリアルでまかなってATmega328pでやるかは要検討。

 いづれにせよ、楽しそう。


基板設計って結構たいへん

 昨日からやってるEagelでの基板設計。回路図自体はふにふにと書いていくだけなので簡単なのですけど。
 個々のパーツをベストな配置で設置し、ベストに配線するってのは慣れないと難しい。

 慌てて旧正月の長期休み前にFusionPCBへ発注するより、じっくり基板構成を練ったほうが良いと判断しました。動作テスト自体はブレッドボードでできるからね。