府中 郷土の森公園の梅林

20140316_01

 府中の郷土の森公園の梅林を見に行ってきました。

 昼ごはんを揚州商人で食べて、立川駅より南武線で分倍河原駅。分倍河原駅からバスで郷土森公園正門。二人分の400円を払って入館。お雛様も飾られてました。南の方の梅林へ行くと宝船という阿波おどりのプロ集団がイベントしてたので観てた。その後もグルっと梅林を廻ってアイス休憩。
 帰り際の博物館のロビーの資料館で府中市郷土資料集 10の『六所宮神主日記』をふと手に取り読みふける。これは面白い!。六所宮とは今の大國魂神社の事。ここは武蔵野国の六社に参るのが困難な国司向けの総社なのです。で、この日記、要は昔の神主さんが書いたブログみたいなもんだ。途中からその日の天気も書かれてるし。だれそれにこんな書状を送ったとか、だれそれが訪問されたので酒肴を出したとか。やっぱブログだな。
 館外の物産ショップを覗きながら外のワゴンの餃子屋さんの餃子を食べてバスにて分倍河原駅。駅前のケーキ屋さんキャトルキャールを覗いて半熟チーズケーキをゲットしてその場で食べる。
 分倍河原駅から立川駅に戻ってツレの買い物でユザワヤによって、庄やで晩御飯食べて帰宅です。

 帰宅後、『六所宮神主日記』をネットの古本屋で見かけたので発注しました。

シェアする

フォローする