デイリーレポート一覧

C223NAのファーストインプレ

 Amazon.comで220$で買えたので買いました。発送されてからボディカラー「赤」にしとけば良かったかと。買った理由はキーボード付き&Crostini(Linux)用にCPUがarmでなくインテルなのも試したかった為。Crostiniはarmでも動くけどアプリをバイナリで簡単にインストールしたい。さすがにarmだとmakeしなきゃいかん場合も多々あった。

 さて、予定より3日早く注文から1週間で国内は佐川急便で届いた。しかも雨の日曜日なので専念できる。まずは本体だけで無線LANの設定を行いgoogleのアカウントを紐づけた。

 期待事項)USB-C3.1の多機能HUBを介してHDMIモニターとキーボード・マウスを接続。chromebookは閉じた状態とする。この状態で外付けモニターをメインディスプレイとして認識。本体側が消灯してるからね。TAB10だと本体側を消す方法がないので、いちいち起動する度に設定画面からメインディスプレイと拡張ディスプレイを切り替える必要があった。タブレット型は外部ディスプレイ無しで使うのがいいな。
 期待外れ事項)androidアプリで kindleが対応してない。プレイストアで「この端末には対応してない」でインストールできない。拾ったapk入れるにはchrome osをdevモードにする必要があるのでやっていない。で、kindle本はcomicは cloud readerで見られるが、書籍はkidleアプリしか対応してないので読めません。TAB10や他のandroid tabletもしくはpaper whiteで代替するしかないのかねぇ。インストールできないと言われるのはタッチパネルじゃないからか?タッチパネルのTAB10はchrome osだけどkindleアプリをインストール出来たしちゃんと動いてる。

 ローカルのNASからのファイルコピーが遅いとかタブレット版は日本語入力モードで「ー」(長音)のキーが無いとかありますが、概ね気に入ってる。あとはアクセスラインの確保しだい。5G-NRがくるから3年縛り地獄のWiMAXは避けたいし(輪番停電の時は当時持ってたWiMAX職場ではお世話になりましたが、自宅は入らなかったし)。そしてガワが樹脂なので早速ひっかき傷が付きました。片手でのハンドリングなので扱いが雑にはなる。

 さて今年も初夏にGoogle I/OがあるでしょうがPixelbook2出ますかね。出ても日本に発送してくれるかぁな。自分、日本語キーは要らんので日本国内で売る必要は無いのよ。


kindle paperwhiteの水濡れ環境での使えなさ

 昨年末12月のAmazonサイバーマンデーのセールで10thGenのkindle paperwhiteをゲット。購入の決め手は防水性能。お風呂でまったり読書。過緊張してる筋肉を休めるためにゆっくり入浴を期待。
 いざ使ってみたら
 ・曇る。一旦水をくぐらせれば曇りは取れるが。
 ・電源スイッチが下にあり、お風呂のふたに載せて読んでいると押されて電源オフになる事あり。
 ・一番困るのはタッチパネルが濡れると誤動作しまくり。ページが送れないどころか勝手にフォントサイズが変わってしまったり。乾いたタオルも持ち込んで拭き拭きしながら使えば良いのだろうか。まだ実験してはいない。
 電池の持ちとかEインクとかは良いのに、「ゆっくりお風呂読書」には全く使いものにならなかった。「防水」に間違いはないんだけどね。


かかとがつかない

 しゃがんだときに右麻痺側のかかとが床につかない。以前はついていたし、今でも意識してやればつくのだけれども。だいぶ足関節の柔軟性がなくなっているし、自分は下肢の裏側のハムとかの屈筋群が緊張しててなおさら。
 今週水曜からハーフとはいえ自費リハビリが復活するので確認してみよう。


梅を観に百草園へ

 本日、病院のリハビリ。維持期の保険リハビリは30年度で終了で以降は介護保険。いや介護保険の人より若い方を助けろよと思いながら。自分のリハの隣で80歳オーバーの男性が入院リハしてた。見舞いに来てたらしい息子さん二人が自分より年上だという事。なぜか病院リハはもう1回3/30が入りました。

 で、今日は天気が良いんでツレから梅見に行きたいといわれてて。リハビリ終了後合流。府中の森は自分が倒れる前に何度か行っているので、今回は百草園へ。立川で合流して多摩都市モノレールで高幡不動駅。ちょっと歩いて京王線高幡不動駅で各駅一駅で百草園駅。駅から歩くよ。
自分は病前のロードバイクのってたころからこの辺りの地形は理解してた。が、ツレは初であまりわかってなかったようで。まぁね、舗装されて階段でもないのでベターですけどね坂ですよ。登りのほうが下りよりも楽なのに。距離が短いので百草園入り口には来ました。園内階段だらけ。高尾山とかでみる丸太系の階段。しかもステップが高い!ま、ゆっくりと歩けばまぁね。
 猪饅とか御嶽汁をいただきつつ、上の見晴らし台まで行った。新宿の高層ビルもうっすら見えたり。で、くだりは持参した折りたたみ杖を活用。手すりがある所はツレに杖をあずけて。なんとか百草園入り口まで帰還。入り口脇の公園の梅が意外と見事だったり。

 そこから先は健常左足を先行でゆっくり下り坂をくだってきた。途中で登ってきた女性に感心された。多分片麻痺の事がわかってる方なんだろう。

 だいぶ緊張での麻痺足のクロウトゥのおかげであしゆびが痛いなか、途中で柴崎体育館駅でモノレール降りて日野橋交差点のところの「本来回るけど15:00なので回ってない寿司屋」で寿司食べて、1時間に1本の京王バスにうまく乗れて立川に帰還。そのまま自宅へのバスに乗り継いで帰宅でした。


ケーキを買って

 今日はツレのバースデイ。
 帰りにアンソレイユターブルでケーキプリンを買って帰宅。
 途中で引っくり返したりしないように細心の注意をしながら帰った。
 お花も買うことがよぎったが、持てない事に気づいて諦めた。


もうすぐ発症から2年

 一般的には半年でプラトーらしいです。そう言っておいたほうが医療費がかからなくて良いのでしょう。でもそろそろバレるのではないかなぁ>厚生省。
 いままでは「感じることで動きがでてくる」というリハビリ概念がわかりませんでした。だが最近はだいぶ感覚のセンサーが戻ってきたようで、動いたことでのフィードバックの感触が以前より増えています。このへんのバランスが整えば良いのですがね。基本的にこの辺感覚が鈍い高齢者がおおい脳出血なので厚生省は高齢者には金かける施策は出したくないんでしょう。確かに高齢で元気な方もいますしね。


麻痺側右手を使うように練習

 とあるブログでジェンガが手指のリハビリに有効という記事があった。
 自分用にアレンジして思いついたリハビリは・・・。麻痺手でリップクリームのケースを持って、その先端でキーボードを打鍵するというもの。まだリアル指先をキーに対向できる程には手関節が動かないのこうして見た。時間はかかるけどキーを押すことはできる。MSが好きな「片手で届かない配置の3キー同時押し」も右側が1キーの組み合わせならこれで対応できる。リップケースでなくて実指で出来るようになるまでリハに励もう。



リハビリ第一サイクル終了

 本日で16回1サイクルの治療期間終了です。目標成果には届いてません。まだまだ筋の過緊張が取れません。
 2週間ほど開けた上で3月、4月は週1での第2サイクルとなります。センターが混雑してて2月はもう予約がとれず、また土曜日を抑優先的に予約できなかったので苦肉の週1です。5月、6月は土曜の予約が取れたので週2に戻る予定です。


残念

 帰り道、趾が痛い中を頑張って速めに歩いて駅に行ったのに、18:24の電車が来たのは18:28。隣駅のバス停留所18:35発のバスには間に合わず。冷え込んでるなか次のバスを20分待ちぼうけで身体が冷えた。

 今日か明日でGCP の1年期限のクレジットが切れる。まだ2万円くらい残っているが仕方ない。ありがとうgoogle。awsが改心するまではまだまだお世話になります。