Archive for リハビリ

4年ぶりに新宿へ

製品説明の打ち合わせに新宿に行ってきました。行きは立川始発。7:45に駅についたけどもう並んでました。5号車の4名の列があったので5番目で並んだ。ちょうど車両の後方の優先席の所。整列乗車でちゃんと座れました。一安心。新宿駅では停車位置に下りエスカレータがあったのでラッキー。地下に降りたけど中央通路って使ったこと無いや。とりあえず西に向かう。北へ方向を替えながら西口のロータリー発見。北側の動く歩道に乗っかって無事に本社に付きました。

打ち合わせ終わって戻り。動く歩道に乗らずに歩いてみたら、動く歩道の速度って今の自分が杖もって歩く時の速度と同じかそれより遅いんだなぁ。で、西口改札から入っちゃったが11・12番線へは階段しか無いじゃん。それほど段があるわけじゃないので手すり持って登った。こういう時に杖が邪魔になる。丁度、中央特快が来て9号車前側で待ってたら、これまた優先席にすわれちゃった、譲ってもらったわけでもなく。ただ降りる駅で延々とホームを歩くことになりましたけどね。

コアタイムとの争い

人事制度が変わって、コアタイム13:00-14:00が11:00-14:00になってしまった。今週は療法士さんが土曜日は予定がつかず、平日の今日9:00からのリハビリ。

事情を話して10:00には病院をでて自分の足で15分弱のバス停からバスに乗って職場に行きたい。その路線は30分に1本なのでコレを逃すとコアタイム一部欠勤になってしまう。

リハ終わって鬼門の会計。最近特定健診の時期か人が多い。だが9:50には会計終わって病院を出る事ができた。結果的に10:50には職場の自席について打刻完了。次の平日のリハの時は16:00-16:40にしてもらって14:50早退の方が時間を気にしなくて良いかも。

連休中日のOT

今日はOTのリハビリが9:00からなので家を7:30に出て向かいました。ここで一つミス。いつものデイパックでなくてボディバッグで出かけちゃった。定期券はデイパックについているのだった。バスに間に合わなくなるので、取り戻るの諦めてモバイルsuicaで支払った。障害者手帳は持ってたので、バスは割引が効いた。

リハでは、上腕三頭筋をストレッチする事。手関節を掌屈して指をのばし背屈して指を握る。お手玉を握って離す。という点を指導頂いた。

帰り道で立川グランデュオによってお手玉を買い足しした、多分売ってると思って行った「コトデコ」(tachikichi)で発見。3個で1080円。昨日Amazonで調べたのもそんな値段だった。お買上げして帰った。

右利き優先の世の中

 右片麻痺になって右側上肢が使えなくて実感できた事。世の中の多くは右利きに合わせてデザインされている事。自動販売機、駅やバスの改札、机の引き出し。左側上肢で対応してるのでどうしても無理がある。角度とか。
 最近職場で新しいnote pcが配られたが、こいつの電源スイッチが右前についてて右に長スライドさせる方式。そのままだと左手の親指で右に押す感じで非常にやりにくい。だが、どうせ外付けLCD,HIDで使うんだからと発想の転換をした。node pcを裏返しにしたらgood!スイッチが左側にあり親指を屈する形で電源スイッチが左スライドでオンできる。気がついて笑っちゃった。

片麻痺向けキーボード探し

 片麻痺になってからベストのキーボードを探している。基本US配列。
 最近は青歯キーボードが省電力スリープにはいってしまうと、その後の打鍵が数文字ぬけるのがいい加減耐えられない。また、省スペースのためのFnキー併用がおおすぎて、片手ではアクロバット的状態で同時押しが必要。特にankerの青歯はファンクションキーが全てFn同時押し扱いで表計算ソフトのF2キーみたいなのをよく使うようになると手の腱にダメージが出る。

 ということで、定期的にamazonでキーボードをウォッチしてる。
 今回はPerixxの PERIBOARD-409U USをお買い上げ。Perixxは以前 PERIBOARD-410 USを買ってたが「:」が「;」になっちゃう事が多くてお蔵入りしてた。USキーなので「:」は「shift + ;」だけど右shiftの入りがわるかったのか全然だめだった。
 で、PERIBOARD-409U USが届いて使ってみてFnキーが要らないのはとても楽。あと右端のキーがとてもありがたい。特に「Home」「End」はエディットコントロールの中で範囲指定の為にカーソル移動するのにめちゃ使うので神。

 ただ、全てにおいて満足かというと、キーボードがセパレートでない事とセパレートキータイプでおんなじ配列の製品が200円高いだけで存在してのに気づいた事が残念。千円台なので迷わず捕獲に走ったけどね。

ひさしぶりの診察

 朝、メインPCにWindows 10 Fall Creators Updateが来てたので適用開始。家を出るまでには終わらず、そのままにして出社。久々の晴天につき通常杖持ちで。

 午後半休して、OTのリハビリと8週間ぶりの脳外科医診察。ツレと落ち合って、病院の近くに「ミルティーユ」という飲食店を発見したので行ってみた。自分はチキンカレー、ツレはオムライス。ランチなのでそれぞれミニサラダとドリンクが付く。カレーライス美味しかった。チキンはホロホロに煮込まれていた。

 OTやって診察受けて8週間分の薬を買って帰路へ。ちょっとイングレスしながら。

 帰宅したらWindows 10は再起動待ち状態。再起動したら「ようこそ」のセットアップでしばらく使えない。それが終わってアップデート完了。とりあえず普段使うものは使えている感じ。新機能の確認は追って。

今日で7ヶ月目

 今日で発病から7ヶ月目となりました。

 雨の予報なので傘もって出社。ただ今日は今までとは違い、杖は使わずにです。一応、4つ折りの杖をデイパックに仕込んでは置きましたが。まぁ、杖持ち程の速度はでませんし、麻痺上肢は緊張が高まって上がってきます。それでもなんとか出社することができました。9:00には間に合わず9:08着。これは電車がおくれてたことも原因。

 調子はまぁまぁ。視床痛はないけど、麻痺肩の痛みはある。上肢の屈曲も強いし、前腕、上腕の伸筋が弱っちゃってるかつ硬くて回外とかできん。リハビリは6ヶ月超えると医療保険では月13単位(1単位20分)しかできないし。診療報酬も発病6ヶ月以内の半分くらいに低くなるので病院もやりたがらない。高齢者ならいざしらず、納税者にひどい仕打ちの自民党。
 あ、話かわるけど、実家の父も障害3級で自分と同じだけれども、あっちの自治体だと3級で医療費タダなんだよね。うらやましすぎる。

 帰りは日野駅からは杖を出して使用。折りたたみなので頼りはないけど、もってるだけで安心して麻痺上肢が下がるんですよね。

麻痺側が高体温の自分

 一般に麻痺側は血行不良で体温が低いと言われる。ネットでもそういう情報ばかり。だから書いておくけども、自分の場合麻痺側の方が高い。入院中でも、最近でもだ。入院時毎日の検温では通常体温の左腋窩に右麻痺の腕では体温計を差し込めないので看護師さんに入れてもらってた。「右腋窩なら自分で入れられるけど、高いんですよ」と。余談だけど退院後2ヶ月を超えた今では左手で左腋窩に入れられる様にもなった。
 で、温度差は0.5度くらいで、麻痺側は概ねセ氏で37度以上ある。今測ったら左腋窩36.7度、右麻痺腋窩37.1度。どういった理由で自分の場合は麻痺側が高くなるのかが知りたい。のだが、そんな情報は日本語検索ではひっかからない。外国語で検索したら出てくるかなぁ。あ、念のため書いておきますが、発病前は右腋窩で体温測ってましたが、発熱性疾患に罹患してなければ36度台でしたよ。

午前リハビリ午後出社

 残念な事に雨だ。今日は10:00からPT, 10:40からOTのリハビリ。普段会社に朝から行くのに乗る便より1本遅いバスででかける。小雨だったのでハットをかぶって、傘はささずに。立川駅に着くとちょびっと電車が遅延中。日野駅でも傘は不要な降り。京王バスで病院最寄りに移動。バス停から病院までも傘いらずでラッキー。

 PTとOTをこなす。PTではお尻上げの調整。純粋に大臀筋を利用するように。ついハムストリングでやってしまうので。

 終わって会計して、会社へのバス。今日は東海大八王子を経由するバスを選んだ。1時間に2本しか無いけれど会社まで乗り換え無しで行けるから。丁度バスが行った所で30分程度バス停で待ち。屋根のあるバス停で良かった。椅子はないけどね。12:45頃デスクについて、昼飯の惣菜パンをかきこむ。午後も仕事をして帰宅。帰り道もなんとかハットだけでしのぎました。

今日からフルタイム

 タイトルの通り。今日から勤務時間がフルタイムになりました。脳的には脳卒中の後遺症定番のアクビが出まくるのが難点。アクビにはもれなく麻痺側上肢の痙縮がついてくるので、せっかく手指をのばしておいても台無しです。
 あとは座り仕事の為、午後になると麻痺側の筋肉が固くなってくる。トイレに行こうと椅子を立てば痙縮でしばらくその場を動けない。とっても強い精神力でなにがおきても動じない人ならきっと痙縮は吹っ飛ばせてよかったのに。