リハビリ・麻痺一覧

初めて装具無しで出勤してみた

 梅雨前のいい気候でもあるし、装具無しで通勤してみた。「装具は無いけど杖はある」という落ちは無いよ。装具も杖も無し。一応装具は保険としてデイパックに入れて。
 なんかいい感じで職場まで来れてしまった。右足の動きもいいし、足裏の感触がまた今までとは違う。動きは踵を持ち上げるのではなく前方へスライドさせるような感じ。リハビリ病院でこんな動きをやったのをぼんやりとだが思い出した。
 帰りも装具無しで帰っては来たものの、疲れと風が冷たくて寒いので思い出した動きは出来なくなっていた。これからもコンディションが良いときは装具なしで行ってみよう。自分では動かせないながらも開放された足首の周りが心地よかった。


バリアフリーは難しいというより自分がそうならない限り考えてないでしょ

自虐的な事を書けば
 街中を障害者が歩いてたりするけどあれって邪魔なんだよね。エレベータ使おうとすると乗ってくるし。狭い道あるいてても遅いし。俺の邪魔しないでくれる?会社に遅れそうだから。
(さすがに病前の自分はこんな事思わないし、急ぐときは階段ダッシュですよ。とにかく障害者健常者かかわらず自分の歩行の妨げは相手に干渉せずに自分からよけて歩くタイプだった。たまに同じタイプの人と相対して同じ方に何度か避けちゃうこともあったり。)

昨日のエントリーで以下のように書いた
>障害者って車椅子だけではないんだけど、どうもバリアフリー=車椅子対応みたいな対応をみてると・・・です。

それに絡んでこんな記事を見つけた。
東京のバリアフリーは間違いだらけ
続・東京のバリアフリーは間違いだらけ
残念なことに、この記事は個人情報を登録しないと続きが読めないので本文全てはよんでいません。

自分的観点だと
片麻痺と回復期以降の保険制度の間に落とされた自分には「点字ブロック」と「歩道に対して車が出入りする部分の歩行者進行方向90度で横切るの車道とのスロープ」は歩行上の障害です。避けたり歩幅を変えたりして対応しますが、その対応への負荷がスマホ見ながら歩ける健常人より大きいです。
エレベータの案内に関しては確かに足らない。エスカレータにとっては更に足りないし上り下りどっちかしか無いとか時間帯で上り下りが入れ替わるとかいじめてるとしか思えない。その情報が駅構内図とかをググって載ってるかというと載ってない。特にJR新宿駅。東京駅でも構内に階段あるし。手すりは端っこしか無いし。
一点セラピストさんにいうと驚かれる点は雨の日のほうが歩きやすい事。石が多めのアスファルト歩道でコールタール分がだいぶ抜けてボコボコだったりするところは濡れている方が引っかかる恐れが無くてあるきやすい事。駅コンコースなんかも同等かつこちらはほぼ平らではあるが、変に床面にハイテク入れて濡れるとグリップが増えるタイプだったりすると、低ミュー期待してる歩様のところを旧にグリップがかかって麻痺側の足関節に負担がかかるので正直怖い。
パラリンピックが来てくれるので都心の古い施設(駅・歩道)は改善されることを期待してはいるんだけど。過ぎてしまったらその時に改善されなかった施設はそのままなんだろうなぁ。


RE-Gaitお試し利用してみた

 今日のリハビリは1時間延長の3時間コース。こないだお願いしてあったリゲイトという器具のお試しです。

 ずっと使うものではなくて、病後の動作障害で歩き方を忘れてる部分を思い出させる感じ。もうねぇ、つま先がひっかかる恐れが無い(皆無ではないけど)ってのがすごい歩きやすい。いかに引っかからないようクリアランスを取るか、もし引っかかっても転ばないですむように重心に余裕を持っておくか。路面の傾き・素材。周りの人の動作状況・混雑度合い。などなどを把握しつつ動かない方の足の次の状態を考えながら歩かなくても良くなれば嬉しいことです。次の土曜も予約しといた。

  • ひさびさにyoutubeに動画あげたら全然機能が増えてて迷子になったw。
  • 障害者って車椅子だけではないんだけど、どうもバリアフリー=車椅子対応みたいな対応をみてると・・・です。

リハビリ3期目

 今日から自費リハビリの3期目が始まる。今期は早めに予約したので水土週2回で全16回。期の頭ということで現状を動画に撮ってもらいました(でも1期目2期目は撮ってないような)。脳神経系は回復に時間がかかるので、動画なり画像なりで客観的なきろくをして比較することは自分でも考えてました。でも、カメラの固定方法やどういった面を取ればいいかがわからず実現できてはなかった。数回PCのUSBカメラで撮った動画は残ってますが。昨今はYoutuberのおかげか、安いアクションカムが増えてるので環境構築しようかなと思う。
 今日のOT氏のワンポイント:座ってるときに麻痺側前腕が回外して手のひらが上を向くことを心がける。


定期通院

 今日も病院通いです、8週間毎の脳神経外科。14:00予約で13:15ごろ到着。昼飯として手軽に食べられる寿司をチョイス。13:50受付。14:10くらいによばれて降圧剤を変えてもらった。半年服用してアテレックの作用では自分の浮腫は回復しないようなので。会計して薬局行って14:30には駅に向かって帰路につけた。


外来リハビリ終了

 回復期病院を退院してから定期的に行っていた急性期病院での外来リハビリが本日をもって終了となった。厚労省の医療費抑制政策でのリハビリ難民というわけだ。帰り際にいつものPTさんに確認したら、OT部分を担当してくれてたIさんはもう退職して別の土地で働いてるとのこと。PTさんもOTさんもその他のリハビリに関わってくださった方々、ありがとうございました。

病院の桜2019.3.30

今日の病院の桜2019.3.30


今日はLHにて

 感覚の刺激を与えるために今日は装具を最初のオルトップLHで出かけてみた。足の裏が覆われてしまうのでその地面の感じは薄れる。ただ、内反尖足が無印オルトップより抑えられて歩きやすい。足裏が無印オルトップくらいの長さで把持動作ができるように改造したらどうなのだろう?LHを装具やさんに切って加工してもらってる話は以前ブログで見かけた記憶がある。


今日で脳出血発症から2年

 2017.3.16 9:00過ぎの脳出血発症から2年立ちました。拮抗筋のアンバランスなどによる関節可動異常と感覚鈍麻と戦い続けています。下肢のふくらはぎ・ハムストリング、それと同じ位置にある上肢の前腕屈筋群・上腕二頭筋。これらが滑り込んだままでゆるまない。でも、すごーく遅い流れですが回復の変化は感じています。寿命までにどこまで取り戻せるかねぇ。階段や歩道の傾斜、狭路、点字ブロックなどの障害対応ができて歩くのが楽になるのに。上肢を緩める(ストレッチで一時的にですが)と下肢の動きが良くなるのは面白いです。アナトミー・トレインってやつですかね。
 階段を手すりなしである程度の速度で昇降できると駅の移動経路の選択肢がふえる。バスの後部の座席も利用可能になるねぇ。1年後はそうなっていたいね。


かかとがつかない

 しゃがんだときに右麻痺側のかかとが床につかない。以前はついていたし、今でも意識してやればつくのだけれども。だいぶ足関節の柔軟性がなくなっているし、自分は下肢の裏側のハムとかの屈筋群が緊張しててなおさら。
 今週水曜からハーフとはいえ自費リハビリが復活するので確認してみよう。


梅を観に百草園へ

 本日、病院のリハビリ。維持期の保険リハビリは30年度で終了で以降は介護保険。いや介護保険の人より若い方を助けろよと思いながら。自分のリハの隣で80歳オーバーの男性が入院リハしてた。見舞いに来てたらしい息子さん二人が自分より年上だという事。なぜか病院リハはもう1回3/30が入りました。

 で、今日は天気が良いんでツレから梅見に行きたいといわれてて。リハビリ終了後合流。府中の森は自分が倒れる前に何度か行っているので、今回は百草園へ。立川で合流して多摩都市モノレールで高幡不動駅。ちょっと歩いて京王線高幡不動駅で各駅一駅で百草園駅。駅から歩くよ。
自分は病前のロードバイクのってたころからこの辺りの地形は理解してた。が、ツレは初であまりわかってなかったようで。まぁね、舗装されて階段でもないのでベターですけどね坂ですよ。登りのほうが下りよりも楽なのに。距離が短いので百草園入り口には来ました。園内階段だらけ。高尾山とかでみる丸太系の階段。しかもステップが高い!ま、ゆっくりと歩けばまぁね。
 猪饅とか御嶽汁をいただきつつ、上の見晴らし台まで行った。新宿の高層ビルもうっすら見えたり。で、くだりは持参した折りたたみ杖を活用。手すりがある所はツレに杖をあずけて。なんとか百草園入り口まで帰還。入り口脇の公園の梅が意外と見事だったり。

 そこから先は健常左足を先行でゆっくり下り坂をくだってきた。途中で登ってきた女性に感心された。多分片麻痺の事がわかってる方なんだろう。

 だいぶ緊張での麻痺足のクロウトゥのおかげであしゆびが痛いなか、途中で柴崎体育館駅でモノレール降りて日野橋交差点のところの「本来回るけど15:00なので回ってない寿司屋」で寿司食べて、1時間に1本の京王バスにうまく乗れて立川に帰還。そのまま自宅へのバスに乗り継いで帰宅でした。