リハビリ・麻痺一覧

伸縮杖

午後から雨模様。なので、杖はいつものオッセンベルグ社のでなく2段伸縮のコンパクト伸縮杖で出かけた。ひさびさに持つと軽い!これ2段伸縮の為、アルミパイプが薄いんでしょう。杖付属の注意書きにも「体重をかけないで。バランス補助用として使え。」とありましたし。
会社に着いたら短くしてデイパックの中へしまった。帰りは雨というものの大した降りでは無かった。でも杖はしまったままで、傘もささずに帰宅。やっぱ右は動かないにしても両手が開いてるといいね。


維持期リハビリの終了予定

今日もPTのリハビリに行ってきました。朝イチで寒いけど天気よい。身体も軽く早めに着いたので病院近くの公園へ寄り道してイングレスなど。
で、今日のリハで今後の予定が決まりました。12月にあとPT2単位、OT4単位。1月にPT2単位、OT2単位。これで医療保険による維持期リハは終了。8週おきの主治医の診察・投薬は続くけどね。
体の状況は、ぼちぼちですね。悪化はしてないし、足に関しては春までには外出時も常時装具なしにできるかな。装具なしが安定したら杖なしに行きたい。杖をもってる左手があくので楽できる。今は電車では右腕に杖を引っ掛けなおして左手は吊革に捕まってます。じわじわですが良くなっています。


Newボデイバッグ

小さいのはいくつか持っていたが、大きめのボデイバッグを買った。弁当箱と折り畳み傘とタブレット端末が入る程度のNOMADICの奴。
なぜボデイバックかというと、乗り物の椅子席に座る時にくるっと腹側に回せるから。今まで使ってたデイパックだと一旦腕を外して回さなければならない。この動作が片麻痺だととってもやりにくい。で、背中に背負ったままだと席が窮屈で腰がいたくなる。そういった訳での購入。
今回買ったものは数点残念な点があった。たすき掛けのバッグ下側での止め位置が右側固定。大抵のボデイバッグは左右にスイッチできる様になっているものだが。バッグサイズゆえの強度の問題からか?左上から右下へのタスキになり右片麻痺の自分にはかぶりにくい。サイドに傘入れらしきものがあるが小型の全自動折り畳み傘でもギュウギュウ。全自動でない折り畳みを想定してるのだろう。500mlのペットボトルはどうやっても入らん。
あと全体のサイズ的にもうちょい大きくても良かったけど、まぁ合格です。Amazonで20%オフだったし。


ゴルフボール探し

昨日のOTリハビリの時にセラピスト井上くんから「ゴルフボールで足の裏をマッサージすると良い」と言われたのでゴルフボールを買いに出かけた。

ゴルフをするわけではないので適当なもので良し。まずダイソーへ行ったが無かった。スニッカーズminiを3つ確保。

ドンキホーテへ向かう。フロアガイドをみて4Fのスポーツコーナーへ行くがどうも見当たらない。レジで聞くとスポーツコーナーとは名ばかりでサポーター類を売っているだけらしい。ゴルフボール売ってるか聞くと5Fとの返答。5Fを一周りしてボールコーナーをみつけて、OBボール3個98円を見つけたので買うことに。レジにいったら1Fのレジに行けとあるので下りエスカレータを使う。左手が杖とゴルフボールでいっぱいなので、手放しで下りエスカレータに飛び乗る初体験。しかも4回も。もうドンキでは買わない。

歩いて帰ろうか迷ったが、10分後にバスがあるのでバス停へ向かってバスで帰宅した。買ってきたゴルフボールを足の裏で転がしてみたがキクー!!



麻痺側片足立ちの為の練習

麻痺側(自分の場合右足)の足だけで立つというトレーニングがあるんですが、どうも苦手。足関節がいうことを聞かない、倒れ始めると戻せない。

で、思いついてちょっと楽な方法を発見した。18センチのメディシンボールを使う。左足を単に上げるのでは無くこのボールにのせた状態で右足でバランスをとる。バスケットボールでもできるでしょう。バランスが崩れそうになっても麻痺側の足でリカバリーができますし、足首が動いてる感覚が得られました。

上肢で壁伝い的な補助方法だとバランス微調整を上肢がやってしまって足首が動かないんですよね。


フルタイムの出勤になって1ヶ月

今日でだいたい、フルタイムの出勤になって1ヶ月。やはり長い間の座り仕事の所為か、午後は歩行がぎこちなくなる。だんだん体が重くなっていく。
でも、それだけで大きな問題はなさそう。まぁ右片麻痺が大きな問題ではあるが。発病からも8ヶ月になりますね。


右麻痺と左麻痺

うすうす感じていたのだけれど、ネットでブログ書いたり積極的に活動している片麻痺の方は左麻痺の方が多いように思える。

世間が右利きに便利なようにデザインされてるし、実際の比率的にも右利きが多い。自分も右利きですし。「利き腕が使える」のと「利き腕が使えない」のでは同じ片麻痺でも偉い違うと思う。あ、左利きで左麻痺の人も「利き腕が使えない」方になるな。
利き腕が使えないと、字を書く・箸を持つ・ハサミやナイフを使う などがやりにくくなる。自分は右手を使えるようにしたいので、完全な利き手交換はしません。左手が活動的になると、右手の活動を抑制してしまうそうだから。

まぁ、そんな事を思ってます。


駅の構内案内図がわかりにくい

駅の案内図がネットでみられはするのだけども障害者がどう行けばいいのかがわかりにくい。階をまたがる移動は、車椅子の人だとエレベータとスロープの選択で、バリアフリー系サイトもそれ前提の案内だったり。

自分の場合は階段が駄目なだけでエスカレータは上りも下りもOK。もちろんエレベータ、スロープも歓迎。階段も手すりありで混雑してなければ数フロアならいけますが、杖持ち状態で手すりを使うのはとってもやりにくい。特に下りは一歩間違うと転落する。で、構内図のエスカレータが上りなのか下りなのかがホントわからない。時間帯で変わるものもあるだろうがそれもわからない。この世の中、階段をつかえないだけで結構なハンデになる。

で、立川近辺は自分がマップを作ろうかと思ってみたりした。


4年ぶりに新宿へ

製品説明の打ち合わせに新宿に行ってきました。行きは立川始発。7:45に駅についたけどもう並んでました。5号車の4名の列があったので5番目で並んだ。ちょうど車両の後方の優先席の所。整列乗車でちゃんと座れました。一安心。新宿駅では停車位置に下りエスカレータがあったのでラッキー。地下に降りたけど中央通路って使ったこと無いや。とりあえず西に向かう。北へ方向を替えながら西口のロータリー発見。北側の動く歩道に乗っかって無事に本社に付きました。

打ち合わせ終わって戻り。動く歩道に乗らずに歩いてみたら、動く歩道の速度って今の自分が杖もって歩く時の速度と同じかそれより遅いんだなぁ。で、西口改札から入っちゃったが11・12番線へは階段しか無いじゃん。それほど段があるわけじゃないので手すり持って登った。こういう時に杖が邪魔になる。丁度、中央特快が来て9号車前側で待ってたら、これまた優先席にすわれちゃった、譲ってもらったわけでもなく。ただ降りる駅で延々とホームを歩くことになりましたけどね。