神社・文化建築遺産一覧

土鈴を求めて訪諏訪

 昨年の大晦日。来年の成人式の3連休で諏訪大社に行こうと考えていたら。ツレが「諏訪大社に初詣にいくなら巳年の紅白土鈴を買ってきてね」とか言ってまして。どうも、諏訪大社の土鈴のデザインはお気に入りらしい。過去にも丑、寅、卯は授かってきた記憶がある(辰の昨年は詣で無かったので)。「では、どうせなら一緒に行きますか」ということで、慌てて電車を抑えて、ホテルは前日1/2に予約いれて、1/3,4と諏訪大社初詣に行って来ました。前回訪諏訪したのは2011/01/09なので2年ぶりでした。

 中央線特急あずさの9:00発にて茅野駅まで。正月ダイヤなのか、甲府盆地で停車しまくり。5分程度遅れで11時すぎに着いた茅野駅では小粒な雪がチラホラと風に待ってました。そして、毎度のことながらこの季節は冷えます。当日の最高気温は0度。しかも雲があり西風。前宮までタクシーでジャスト1000円。

 前宮を参拝。ココは諏訪大社4宮のうち、4本の全てのオンバシラが最も見やすい。特に今立っている前宮の四は生前を見てきている。そして、今時の参拝者には一番人気ががないのかもしれない。タクシーの運ちゃんも「初詣に本宮にはいったけど前宮はいってません」と。自分的には一番好きな宮だし、特殊神事も多いし。参拝後、御札・土鈴類はココでお頒ち頂いた。ツレは御朱印。そして本宮方面へ高部地区を歩く。ファミマの裏にショッピングセンターができた事は長野日報の記事で知っていたけどほんとに出来てた。次以降の探索時はお昼ごはんに困らなさそう(でも、これから向かう神宮寺より先の大熊、豊田、有賀あたりの湖南地区がまだ困るのだよね)

 先を歩くツレが、神長官屋敷に吸い込まれていった。今日は閉館日だったが、神長官さんの家の玄関の素晴らしさを見て感嘆していた。ミシャグジさまをお参りして、新たにウッドチップで整備された元鎌倉街道で高過庵方面へ抜ける。

 なんか新しいのが増えてる。「空とぶ泥船」とな。ツレはいたくお気に入りでしばらく撮影タイム。武居畑遺跡の台地の脇の高台なので諏訪盆地の見晴らしは良い。後ろの山側は墓地だったりするし。諏訪湖は見えないが。

 ツレの撮影が終わって元の道へ戻る。権祝邸を過ぎて、わかされで下側を歩いて本宮まで。新しい道ができているので、この道は車通りが少ない。1日数本のかんりんちゃんバスも三が日は特別ルートなのでここへは入ってこない。

 本宮前まで来るとさすがに人が多い。三が日の三日目とはいえさすが本宮だ。ツレの朱印をお願いしておいて、参拝。ちゃんと左にはいって二之御柱のとこから布橋で戻ってくるコースで。さすがに三が日だけあって境内に仮設札授所ができてた。ここで、忘れてた神宮大麻を授かった、というか諏訪大社的には前宮で神宮大麻を授けないのは正しいと思う。ホントは神社庁の御札はどの宮も授けて欲しくはない様な気もするが。

 朱印を頂いて、屋台のジャンクフードを食べつつ、自分的今回の訪諏訪の要である諏訪市博物館へ。目的は開催中の【第66回企画展「古地図・古絵図で見る諏訪」】。もうヨダレが出そうな地図ばかりで、一冊諏訪社遊楽図屏風の解説書を購入。でも所謂「天正のボロボロ絵図」は販売が無いようで残念(見落としてるかも)。ツレはここで受付の女性と談話しつつ囲炉裏で焼きみかんを食べてた。

 徒歩巡りのときはいつもならこの博物館あたりから、かりんちゃんバスで上諏訪駅方面へ向かう(もしくは近くの「カンデオホテルズ茅野」で宿泊する)のだが、年始三が日は交通規制でバス運行がショートカットされている。もう寒さの限界なのでタクシー乗り場でタクシーを拾って宿まで。タクシーの経路は過去にチャリで走ったことがある金子集落経路で懐かしかった。

 宿は、上諏訪温泉 RAKO華乃井ホテル。諏訪日赤病院の横、という微妙に上諏訪駅からは離れた立地w。しかも、湖岸通り側のホテルを買収したらしく空中四階と六階が通路でつながっている。とか書いてみたけど、晩御飯が美味しくて降参しました。その場で揚げてる取り放題のワカサギの天ぷらが衣の加減が絶妙かつ全部子持ちでお腹がパンパンに。御懐石の方もこれでもかと出てくる上にハズレはない。ご飯はパスしてお味噌汁飲んで終わりにしましたよ。お酒は御湖鶴を頂きました。食にうるさいツレもこの夕食は大満足でした。

 自分は23:00くらいにホテル内の温泉へ。晩飯付きのホテルは飯前と飯後は混んでるのでずらした。案の定、3名くらいしか居なくて露天は一人貸切状態。日本酒風呂なるものも入ってみました。

前宮之壱

前宮之壱


武蔵国分寺跡&お鷹の道


 天気が良い予報だったので、ツレとチャリでお出かけ。え?秩父の芝桜はどうしたって?なんか天候不順であまり美しくない状況なので今年はパスしました。
 12:00前に家を出て、お昼ごはんにくにたちの大学通りの蕎麦屋「更科甚吾郎」。ツレはやぼ蕎麦、自分は冷たいおろしそば。ごちそうさまでした。
 東に向かって多摩蘭坂を登る。坂の中程の信号の左脇にキヨシローへの手向けの花が途切れない。メットもおいてあったなぁ。いかんせんツレは上り坂(ってかこんな高低差は平坦のうちだしなぁ。)がダメダメなので、じんわりと登る。登りきったら国分寺面の上。東進してJR東の武蔵野線をまたぐ。その後、府中通りを南下して獲得した高度を消費して、左折して東進。国分寺跡に出た。ちゃりを広場の脇において観察。
 ひと通り観察したあと、ツレが帽子が無いことに気づく。蕎麦屋に確認したら忘れてきたようだ。帰り道なので後で回収することにして、ぶらっとしてたら七重の塔の跡地に来た。ここは立派な銀杏の木があり、近くの墓地は本多さん。遠巻きに見ていたが、墓石以外の石碑石仏が多々あった。七重の塔の跡地にも石柱があり、ツレと自分の知識を導入するとどうやら「医王山」と読める。あとでコレが出てきたのですね。(続く)


多摩郷土誌フェア

 今日は月一の休日作業出勤日。天気が不安定なので公共交通機関で。JRの駅からバスの時間が合わなかったので歩いて出社。作業後も歩いて駅まで。途中の馴染みの床屋に寄って散髪いれつつ。

 で、立川に戻って、オリオン書房ノルテ店→ダイソー→ビックカメラ4F→ユザワヤ→ビックカメラ2F,B1→ラメゾン・アンソレイユターブル→帰宅のコース。最後のバスがめちゃ遅れてた。立川は混雑するようになってるので、一般車をロータリー近くに入れないようにするべき時期だな。幅広DQN車ばかりだしさぁ、全く。
 そしてノルテの多摩郷土誌フェアですが、毎年来よう来ようと思いつつ開催期間が短いので逃してしまってた。今回も金土日の3日の開催の最終日になんとか行けた。会場の展示物はどれも面白そうなものばかりだが、高い本は手が出ない。1,000円未満の自治体の出しているものを3つほど購入。1,600円也。
 『五日市町の古道と地名』『檜原の神社』『路傍の文化財(昭島市)』の3点。まだ、ペラペラと見ただけですが、歩きに行きたくなるね。


立川諏訪神社 例大祭

 ツレが「屋台のジャンクフードを食べたい」と言うので、出かけてきました。実は昨日19:30過ぎてから「行きたい」と言っていたのを却下した事もあって、本日は14:00位に出発。で、境内に入る前にお神輿渋滞。参道をお神輿の後からじわじわ追う。道すがらたこ焼きとぶた玉焼きを食す。境内に入って社殿の前の参拝の列に並んで、二拝二拍手一拝。お隣りの宇迦之御魂神にもお願い。その後グルーっと屋台をめぐる。お化け屋敷とかあったよ。ハラミの串焼き(とビール)、ホルモン焼き、餡餅(シャンピン)。あれ?意外と食べてない?暑かったので帰り道のシャノアールでコーヒーゼリーも食いました。


うかい鳥山

 祝、初うかい鳥山

 ツレの家族と総勢5名で晩ご飯に。うかい竹亭はなんどか行ったことがあるものの、鳥山は初めて。個室は満席で、合掌造りの広間に通されました。まぁ、お値段がお値段ですから美味しゅう御座いました。帰りにホタルも見られました。野生じゃないけどね。


ムックとカタログ


『◯◯をゆく』で一部に有名なイカロス出版のムック『廃村をゆく』。予約していたのが届いた。まだ、じっくり見ていないが、拠点を詰め込みすぎかな。ひとつひとつの拠点の記事が少ない。『日本の廃道』くらいに掘り下げろとは言わないけど。でも、そうしてくれると面白いのに。
そしてタキイのカタログ。タキイのWebショップは扱う品数が少ないが、カタログ冊子は中身豊富だ。対象顧客層がネット使わない人が多かったりするからかなぁ。
[amazon asin=”4863204396″ /]


初御柱

初御柱

昨年の御柱祭は見に行ってません。というか、昨年、御柱休めから建て御柱の隙間期間に、「御柱の無い諏訪大社」を見に行って以来の訪諏訪。無事に新しい御柱を見ることができました。

今回は諏訪市博物館の企画展『諏訪の社寺建築と彫刻』が目玉。立川流と大隈流の各社の墨書きが展示されててウハウハ。豊川稲荷も立川流だったとは。子供の頃から毎年行っていたのに気付かなかった・・。

お昼ごはんは「イール亭おおいし」で(声優の大塚智則さんの御実家らしい、って誰?)、晩ご飯は居酒屋「信玄屋敷」で(地酒が多々。ダイヤ菊 純米吟醸原酒 生一本が旨かった)。どちらも上諏訪駅をR20挟んで反対側すぐ。お風呂は予定通りまるみつ百貨店のなごみの湯。そして、初めて諏訪湖遊覧船に乗ったけど意外と良かった。16:00の最終便で客は五名のみでしたw。


寺社確認

寺社確認

明治のこのあたりの地図で寺院と神社をマーク。実際に残っているかを調査。

近場の立川諏訪神社の南側を小1時間見てきた。

得たものは、満願寺の跡と井戸。

八幡社の跡とケヤキ。

残らんもんですね。


榎戸弁天

榎戸弁天

大正10年の地図に書いてある「榎戸弁天」という文字をみて、小雨が降ったりやんだりする午後、現地に行ってきました。

 

すでに、現行の地図には記載ありませんが、ちっちゃな神社がありました。鳥居の脇には石橋供養塔あり。昔は神橋とかあったんですかね?そもそも昔もココに鎮座されていたのかはまだ調べてません。

(追記)玉川上水から別れた砂川分水の末端が弁天川として流れていたような感じの記述を発見。立川市史と国分寺市史をあたらないとなぁ。というか手持ちの『川の地図辞典 多摩東部編』で暗渠っぽいのを見つけた。水曜日の休日は玉川上水から再調査かな。


川越道緑地古民家園@立川

川越道緑地古民家園@立川

今日は(も?)ツレがお出かけなので、自分的に行きたかったところへ行ってみた。

取り合えず、つべに動画アップ。「ポートレイト」でとったiPhoneの動画はどうするのがベストなのやら?

そして、ツレ家に帰宅後、説明してたらコテンパンにやられました。ツレは洋の東西問わずこういうの詳しいんです。書院造りに関していろいろ教えてくれました。二条城とか。うう、唯一勝てそうなのは神社系くらいか?

阿豆佐味天神

近くなのでよってみました。最近は猫返しで有名だそうです。そして、参拝を終わったらポツポツと雨が。慌てて南東に逃げました。