神社・文化建築遺産一覧

出遅れた

出遅れたよ

少し朝寝坊して、Web巡回とかしてたらもうお昼だよ。でも出かけないのもシャクなので午後から小野神社行ってきますだ。空は雲が多いけどね。

武蔵国一之宮 小野神社

ブロンプトンでちょいっと行ってきた。途中別府社に寄ったりしたけども、まずは聖蹟桜ヶ丘の方の小野神社。

意外と結構な広さの境内であった。もっとこじんまりとしてるかと思ってたよ。参拝して、関戸橋を渡って中河原駅をくぐって中央道の脇。ここが府中側の小野神社。

こちらは神紋が三つどもえ。多摩の方は菊だった。謎。

蝋梅

参拝を終えたので近場の府中郷土の森に寄った。目的は蝋梅。「梅」の字が付きますがそうではないんだそうです。園内の蝋梅の場所は一番南端の多摩サイ寄り。入口は北側なのでぐるっと廻って来ないと行けない。目的の場所に来ると高貴な香りが。花も字のごとく蝋で作った梅という感じ。沢山咲いてましたよ。


(no title)

古代道路 東山道


大きな地図で見る
 日本の古代道の道筋を考えていて素人的に大まかな経路さえわからないのが東山道。悩ましいのは飛騨一之宮と科野一之宮と上野一之宮の間。飛騨-科野間は上高地を経由したのか、伊那方面へ一旦南下して、州羽の海に出ていたのか。古代道路は直線を好み、幅員も10から40mはあったという。伊那に出た方が先は天竜川の残した平地があるが、直線を保つなら上高地。州羽からも出口は高原を越える事となる。現在の中央線、中央道の経路は確かにぐねぐねだから好まれなくあえて蓼科を超えて佐久方面へ抜けたのではないかな。そもそも、美濃から州羽に行く前に飛騨に行く必要が有ったのだろうか。ヤマトが来る前の飛騨の神は強力だったのだろうか?ちょっと気になる。基本的にヤマト朝廷は各地に強い信仰がいると持ち上げて神話に取り込んでいた。飛騨方面も調べてみたいなあぁ。如何せん現在には書物は残ってないし、地形と気候と(本来の)神社の配置とかから読み取るしかないやね。その点ではやっぱ自分は地理選択で地理好き地図好き地形好き気象好きで良かったかなと。「道路」ってのは使う人がいなきゃ寂れて跡形も無くなってしまう物だから。

『高部の文化財』入手


 諏訪から帰宅後、Googleを駆使して、京都の古本屋吉岡書店に有るのを発見。発注して、倉庫の在庫確認してもらって、郵便振替で入金して、ゆうメールで送付と長い道のりでしたが、なんとか入手しました。今まで書かなかったのはインターセプトされるのを避ける為。非売品だけど3,000円の値がついてました。平成八年刊だけら安く手に入ったんかな。あと、平成十八十二月刊の『続 高部の文化財』も手元に欲しいのだが、まだ見つけられてない。諏訪市図書館である程度は読んだけど、手持ちと諏訪圏まで読みに行くのでは手間が違う。おなじく非売品なのでまだ古本屋に出回るまでは時間かかるかなぁ。でも、非売品として地元に配るならパブリックドメインとしてネット上で公開して欲しいのが本音。守矢文書全般に言えますけど。史料館で公開しているとはいえ現地でゆっくり読めないじゃん。保存状態が悪くなる前に全スキャンしてネット公開だよ。諏訪への交通費や滞在費を考えると閲覧料として幾ばくかを払うのありで。

まだまだ知りたいこと。

 諏訪湖から天竜川沿いに太平洋までの地域の昔が知りたい。出来れば飯田から西に折れる形で。自分のルーツがR153号線飯田街道沿いなのですね。自分の祖先はどこから来たのか、どの師だったのかとか生活にはなんら役には立ちませんが知識欲の足しにはなります。父方のもとの姓が「羽矢」というのもなんか引っかかる。如何せん稀少姓なのでネットではなかなか引っかからない。現地(旧足助町)に行って調べるしかないかしらん。母方は三河では有名な「本多」氏なので調べる事ないし。週末に一周忌をする爺さんは「康訓」さん。母親は「康江」。家康の「康」を貰ってるっぽいかな。それは弟に引き継がれて、自分は親父の「昌」を引き継いでいるのだけども、これはどこから来たのやら?希望的には羽矢系が州羽まで繋がるとうれしいのだが。ちなみに実家は以下の7:38あたり。この動画は自分にはすごくなつかしい感じ、Part2とかもう豊田市になっちゃった足助町あたり。


予定通り帰宅

予定通り帰宅

Just22:00に帰宅です。まぁ、帰りも中央道混雑で20分弱遅れましたが。小仏の手前は構造的欠陥なんじゃないのか?河口湖線からの流入を裁き切れてないのかな。天気が持ってなによりでした。現地では傘使わなかったよ。あ、岡谷の洩矢神社の拝殿の鍵に絵馬かけた東方ファンは呪われるぞ。モラル無いなぁ。自分は次の御柱の画像を公開するか悩んだくらいなのに(原村のサイトで公開されてたので、結果自分も公開しました。場所は書かないけど歩いてみればわかるでしょう。)。今日のサプライズは図書館にて。上社前宮以前の神社(祭殿?)の候補がある事がわかった事。

諏訪圏歩き

洩矢神社
藤島社
行程
ホテル発→犬射原社→前宮まで往復→茅野駅11:01で岡谷駅→洩矢神社→藤島社→岡谷駅12:25で上諏訪駅→諏訪うめえもん市→諏訪市図書館→片倉館→上諏訪駅前バス停で中央道高速バスにて帰宅。
Picasaのウェブアルバム

では本編。
 8:00起床。9:00チェックアウト。前夜発見したホテル近くの犬射原社を参拝。石作りの祠。中央線を横切って、昨日見たデカい鳥居へ。茅野駅から前宮への近道。茅野駅から前宮へは少なくとも上川と宮川を渡らないと行けない。どの橋を通るかがポイントになる。道を降りていくと達屋酢蔵神社。幟がたっていて、拝殿前には人が沢山。紫の梶の幕も張られている。どうやら本日神事があるみたい。通り過ぎて横内の交差点を越えて神橋で上川を渡る。今度はR20バイパスと中央道を一気に高架下でくぐる。R152沿いに南西へ。交差点の角にファミリーマート。もう前宮はすぐ。前宮前の交差点脇の駐車場で三代家族連れらしき団体あり。子供は小さかったので七五三の三?小さい子の年齢が全然わからない自分。ま、信号も青になったので先に一気に上って拝殿まで。水眼で手水を使い参拝。その後ペットボトルに水詰め。そうこうする内にも少ないけども参拝者はやってくる。そこそこいい感じですね。一之御柱脇に夏には見なかった神宮の遷宮の旗がかかっていた。(一般的に「神宮」=伊勢神宮。「大社」=出雲大社です。)宗教法人的には諏訪大社は神社本庁系とは別なのだが、今の拝殿は昭和七年に神宮の古材で建てられた物。それ以前はもっと小振りで神長官の儀式に関わるもの。神宮のお古を頂いているからは遷宮の旗も立てるでしょうね。途中、視界に入った子安社に寄って参拝して、来た道を茅野駅まで戻る。あ、ファミマでお金をおろそうとしたけどATM無かった。安国寺の方のセブンイレブンにはあったはず。ちなみに、茅野駅、上諏訪駅、下諏訪駅、岡谷駅にはViewアルッテがありません(T_T)。

 11:20の諏訪バス岡谷行きに乗ることも考えていたけども11:01のJRに余裕で間に合ったので、駅前デパート(駅ビルと書かないのは古き良き駅前のデパートなので)で爪切りを購入。やっぱバンドエイドは根本対策になってなかった。爪を切って復活。で、JRにて岡谷駅まで。11:16着。うめえもん市の上諏訪への帰りの電車は12:25。次は13:00の諏訪バスになる。洩矢神社を目指して長野道をくぐり天竜川を渡り。って結構近いです。噂のマレットゴルフ場と化した洩矢神社。手水舎の柄杓が茶道の杓だったりしますが。手水舎は右手にもあったのかな。それっぽい跡がありました。で、拝殿。目の前に絵馬があるんですけど。どうやら東方ファンらしき人が聖地巡礼と称して掛けていったもの。この神社は絵馬掛ける場所はないからって拝殿の真ん中に掛けるなよ。しかも書いてある文言が・・・。KYってか場所をわきまえて欲しいなぁ。で、奥の方の中央道により遷座した菅原さんもお参り。そこから天竜川対岸をみても藤島社は見えず。あるいて、対岸へ。一旦JRを渡る必要がある。来るときは高架下をくぐってきたけど、今回は陸橋で。下を三本の線路が走ってるけど真ん中が飯田線、両脇が中央線。伊那方面を見ると飯田線は下に下がっていき、中央線は右にカーブして天竜川を渡って塩尻へ。陸橋を降りて、天竜川を渡る。中央印刷さん。広い道沿いに西にあるくと藤島社。聞いている通りに小さな祠。でもご神木に藤の木がちゃんとあったり。二拝二拍手一拝して岡谷駅に戻る。なんとか岡谷駅12:25に間に合った。ちょうど第二案だった茅野駅11:20発の諏訪バスが着いたところ。JRにて上諏訪駅まで。

上諏訪下車後、旧東洋バルブ跡地の諏訪うめえもん市会場まで。地図持ってたのに大縮尺すぎたか曲がる交差点を間違えて諏訪湖まで出てしまった。ぐるっと大回りして諏訪日赤の脇を通って会場へ。なんとか会場に入って飲食場に行ったものの鹿肉煮込みは売り切れ。鹿肉けんちん200円をゲットして食べた。唐揚げされた鹿肉が入っていて美味しい。なぜか富士宮焼きそばを売ってたが諏訪?。やっぱ予想どおりのしょぼさ。来ている人は当地の子供連れ家族が多い感じ。食べ終わったあと会場の物産店で「御諏訪鹿 鹿肉料理のあれこれ」という冊子を購入。会場外にでると水陸両用車が停まっていた。事前応募の奴なので乗れませんけどね。予定通りの有様に落胆しながら会場をあとにして、諏訪市図書館へ。

 13:15諏訪市図書館。二階に上がって郷土資料室へ。席は高校生らしき自習が多い。市史の棚で目的の『高部の文化財』を発見。さらに『続 高部の文化財』もある。とりあえず前者を手にとってあいている一人用席に陣取る。・・・1時間に1回タバコ休憩しながら17:00まで読んでました。面白いったらありゃしない。書棚にはまだまだ読みたい本が・・・。また来るかなぁ。後ろ髪を引かれつつ図書館をあとにして片倉館へ。片倉館というのは公衆浴場です。入ってみたら、湯船が深いよ。最深部では胸のあたりまで。湯船床は砂利引き。浮力があるので足つぼ効果は薄い。で、晩飯。上諏訪駅近くの豆腐料理屋でなぜか馬刺しととろろうどん。さくっと食べて店を出るとメニューサンプルの脇に貼ってある すわ鹿の味噌カツ丼セットとかすわ鹿のてんぷらとかのメニューの看板に気づく。うはー今度来たら食べよう。R20を渡って高速バスバス停からバス乗車。道路混雑で遅れつつも最寄りバス停21:20頃到着。次は年越しか、11月に日帰りで御座石神社と鹿料理と図書館か。
(次回の訪諏訪へつづく)


御柱

御柱

朝から中央道渋滞でした。ホテルはネット接続ありなのですが夜になったらダイアルアップのような速度。ハゲ電話もHSDPAエリア外。茅野駅から三分の立地なのに。よって詳細は帰宅してから書きます。自分的サプライズは再来年の御柱候補に会えた事。三本みつけました。場所はトレッキングコースでは無いよ。

蓼科歩き

ビーナスライン
次の(仮)前宮四之柱
諏訪圏1日目。
行程
8:15頃中央高速バス乗車。10:32中央道茅野バス停下車。茅野駅まで歩き。11:20茅野バスラウンドバス乗車。13:00南平バス停下車。御柱の道トレッキングコース入口まで歩き。14:02トレッキングコース入り。15:00トレッキングコース脱出(箕輪平入口)。徒歩にて白樺湖まで。15:40東白樺湖着。16:13東白樺湖バス停より茅野バス茅野駅行き乗車。17:00茅野駅到着。
Picasaに画像をとりあえずアップ。コメント書きとダブり削除をするから、生が見たい人は今の内にどうぞ。ただし虫系に弱い人には1枚だけきついのがあるよ。

 では本編。(文字が多いのでPicasaの画像と並べてお読みください)
 7:20に家を出て最寄りの中央道バス停まで。大体徒歩で30分弱。バス停に着いてみると今までここで見たことない様な数の人が・・・。どうやら河口湖方面に行く方々でした。河口湖行き4号車まであったよ。その河口湖行きも遅れてるようで、自分が乗る岡谷行きが来たのは定20分遅れ。バスに乗り込むと指定の通路側の席におっちゃんが座ってる。トイレ近いから通路側が良いから変ってくれという事らしい。まぁ承諾。自分も通路側は脚出せるから楽で良いのだが。このおっちゃん話し好きでいろいろ会話してた。知り合いの寿司屋がコンビニおにぎりの海苔のパテント持ってるとか。彼は中央道昭和で下車。バスは30分遅れで運行。下車予定の上諏訪駅まで行っても茅野駅に戻る電車は出たあと。なので、中央道茅野バス停でおりて杖突街道歩いて茅野駅に出ることにした。杖突街道は6月の訪諏訪の時に歩いてるので距離感はわかる。茅野駅の寒天の屋上看板を目指すだけ。

 10:50頃茅野駅となりのデパートビル西側着。なんかデカい鳥居がある。というかバス乗り場を探さないと。ビルを半周して駅側にバス乗り場を発見。切符売り場も発見。切符を買う。11:20のバスで南平(みなみだいら)までと伝えると、売り場のお姉さん必至で探す。ここへの客は初めてだったらしい。切符も1,000円の切符と450円の切符をステープラーでくっつけてくれた。デパートビルでサンドイッチとビスコを買って、サンドイッチを食べてバスを待つ。ラップで巻いただけで値札すらついていない手作りハムサンド。バスが来ました。ボンネットバスじゃん。しかも小型。定員18人くらいかも。

 バスは自分を含めて6名くらいの客を乗せて出発。独りの地元系おばちゃんたちは早々に降りていく。途中で御座石神社を発見。次の訪諏訪で来よう。だんだん高原の雰囲気になってきた。それを過ぎると山間部の別荘地。このラウンドバスは観光ポイントをいくつか廻っていくバスなので、ずん止まりのポイントに着くと来た道を折り返す感じ。で、とうとう客が自分だけになってしまったバス停で運転手さんが「お客さんどこまで?」と。「みなみだいら」と言うと怪訝な顔をしつつ「なんだいら」ねと。ここのバス停は「南平」と書いて「なんだいら」と読む模様です。これを間違えるのも日野市民だから仕方がない。バスはピラタスロープウェイ乗り場着。ここで途中で乗車した女性2名が下車。代わりに関西弁ばりばりの男女5名が乗車。乗車するなりコテコテの会話が始まるw。高原の車窓とコテコテのおっさんギャグとおばちゃんツッコミ。妙な雰囲気になりつつ南平バス停に到着。

 バスを降りても周りには何も無い。三叉路だけ。標高1600m。でも全然寒くない。ザックで場所を取っているマウンテンパーカが重い。ビーナスラインを北上する。電柱も何も無い観光道路。車は結構な速度で走って行くけど数分に1台なので気にしない。事前に地図で見て等高線沿いの道だったから登りとかは無いだろうと予測してたのだが、これが緩やかな下り基調の道。たまに軽い登りはあるけど楽々。いくつかある沢も橋で越えてるし。で、歩いていると左に何かある。うご、注連縄と紙垂がモミの木に巻いてある。この時はこれが諏訪大社のとは思わず、どっかこの辺の社の奴かなとか思っていた。諏訪圏の神社はどこもかしこも御柱が立っている。稲荷神社でさえ。先へ歩くと、谷側に赤テープが。目をやると点々と奥へ。しかも足下は藪が払ってある。来ちゃったかな。って感じで道を外れて降りていく。足場は岩とコケと枯れ枝でぐわんぐわんとたわむ。その先にあったのは前宮四之御柱。意外なところで出会ってしまって鳥肌が。まだ、生木で柱にはなってないけど名札の前で二拝二拍手一拝した。本見立てで変更が無い限り2年後にはこの木が前宮に立つのだなぁ。道に戻って、歩く。また赤テープ。次は本宮三之御柱でした。数値的推測だと最初に道路脇で見たのは本宮四だったのかな?時間も限られるので先を急ぐ。一軒の別荘を過ぎると御柱の道トレッキングコース入口に到着。

 トレッキングコース最初は木造の橋。それも迷路のように枝分かれした物。面白いんだけどペイントと落ち葉の関連なのか滑る。手すりを確保しながら歩く。御柱コースへは看板を見ながら進んでください。木造の橋群を抜けると一旦広い場所。そこを進むと塩沢堰。昔の人が私財を投げうって作った水路です。しばらく水路沿いに土道を歩く。ふと水路に目をやると白い物が沢山。現地では栗系植物の花かな?と思ってたけど、帰宅して調べたら・・・。今年は八年に一度のキシャヤスデの大発生の年らしく、たぶんその死骸。しばらく歩くと、五社大神。岩とコケ。祠まで岩を上って参拝。岩山の岩ではなくて割れた岩片が多数。景観的にはコケの緑と岩色で良い場所。堰沿いに歩くと右に折れる箇所。ただ、その先に何かありそう。行ってみたらどこかの寮の弁天神とか看板あり。ただ、藪こぎになるので引き返して御柱道に戻る。戻ってすぐに目の前に御用材跡地。前宮四の切り株発見。続いて反対の北側藪奥に前宮二。これで終わりかと思いつつ道を下っていくと道に本宮二と本宮三。ちょっと下って本宮四。このあたりで10mほど先の北側斜面でガサガサ音を立てる動物発見。熊?と身構えたけど、灰色っぽかったので冬毛の鹿かカモシカかな。颯爽と逃げていったのでカメラには納められず。これで終わりかなと思った頃、本宮一と前宮一に遭遇。ちっちゃな沢の向こうの草むらの先なので行って見たけど草の実が大量にズボンにくっついた。ここを過ぎると出口の看板。正直、右足の指が痛い。靴を脱いで確認はしなかったけど、中指の爪が人差し指に食い込んでいる模様。普段はかないトレッキングシューズが仇になったか。出口にでると焼きもの屋さんの建物。ビーナスラインを白樺湖まで歩きます。時間的には良い感じ。

 こっち側のビーナスラインは車通りが多い。道もそれなりに広いんですが。車やバイクがガンガン走る脇をよたよた歩く。右足が痛いのと荷物が重いのと。途中の温泉宿を過ぎたあたりから今までと違った上り基調の道。ここは高原なのですよね?暑いんですけど。ってな感じで何とか信号機のある交差点まで。ここから一気に急下りで白樺湖。湖面は見えてます。今、上った分を下る感じ。この下りでスーツを着た男性とすれ違い。名札もつけてたからお仕事中のホテル関係者なのね。「お疲れ様です」と挨拶されちゃった。坂を下りきって左は池の平ホテル。豪華なんだが、なんか邦楽をスピーカーでならしてて五月蠅い。バス停を何とか探して、脇にあった切符売り場で茅野駅行きの切符をゲット。大門街道経由なので1,000円。バスを待つ間もスピーカーからの音楽が。景観は良いのに台無しだよ。

 16:13バスに乗って茅野駅まで。つづら折りのR152。ただ、とこどころで民家のある旧道を通る。柏原とか山寺とか。楽しい。夕暮れの昔の町並みって感じ。往路とは違い半分程度の時間で茅野駅。で、車窓から降車所の手前に神社発見したのでバスを降りてから行ってみた。17:00過ぎだから日暮れぎりぎり。なんと大年社。こんな所にあったのね。ここは御柱が無いけども木製の鳥居を七年毎に作り替える社です(「御座石社神社」も同じ感じ)。んで、ホテル入り。飯食べて、風呂入って就寝。ホテルは和室だからか冷蔵庫無かった。大風呂は道を挟んだ新館の1F。ネット接続はブラウザで一旦認証する系のサイト。館内VDSL。つながるんだけどもなかなか流れてこない感じのイライラ接続。おすすめしません。右足はやはり爪が突き刺さって出血。コンビニでバンドエイドを買って応急処置。
(10/05へつづく)


日光東照宮with巫女さん&下野国一之宮

日光東照宮with巫女さん&下野国一之宮

 運良く雨に降られず。傘を使ったのは最後の最寄り駅から自宅までのみでした。


 5:40に目覚ましで起きて身支度。6:40に家を出て、JRにて池袋まで。7:45に池袋駅東口の集合場所に行くと4つくらいのはとバスツアーの参加者がわらわらと。無事に巫女さんツアーバスに乗れて8:10出発。参加メンバー32名。女性二人組みが多いやね。自分を含めた単独参加者も8人位。全体的の男女比率が2:8位だったかな。女性率高し。添乗員さんとガイドさんの2名同行。
 バス移動は省いて、東照宮社務所着。ここから巫女さんに付いて周る。ガイドさんと添乗員さんも最後尾を付いて来たり。ところで今回の巫女さんがメガネっ娘で比較的アニメ声。本当に本職だったのだろうか?実はレイヤーのバイトとか?否、説明がしっかりしてたので本職でしょう。本職だけどレイヤーだったり…(妄想はいい加減にして)。眠り猫までは通常ルート。そこから奥宮まで200段。金比羅山で1368段登ってるから問題無し。奥宮では拝殿に上がって特別祈祷。玉串担当を選んだ時に男性2名が挙手。ま、いっかと自分は辞めときました。ここで祝詞奏上中に隣の女性がツボにはまったのか笑いをこらえるのに必死だったりとかしましたが。で、徳川家康の墓をぐるっと回って眠り猫んとこから通常の拝殿の中へ。石の間で参拝。戻って眠り猫から関係者以外立ち入り禁止の通路を通って社務所着。直会の儀で撤餞をいただく。お札その他もろもろや、参拝途中でお願いした御朱印もここで受け取り。ここまで2時間ちょい、13:00。でも、あっという間。正直もう少し時間が欲しかった。このツアーだと手水舎使ってないし(自分は巫女さん解説中に抜けて使いました。ってか解説中に周りの神社建築の写真ばかり撮っててあまり聞いてない奴でした。)。
 で、昼ごはん。ホテル清晃苑で徳川・日光杜盛膳(通常2,100円)。朝飯を食べてなかったので助かった。ガイドさん添乗員さんに了承を得ているので、ここでツアー離脱。二荒山神社へ向かう。その前に、東照宮の一の鳥居を正面から見てないので寄り道して。二荒山神社。参拝して御朱印いただいて奥の日光霊泉まで。下野国一ノ宮のひとつではあるけども権現造りなのがなぁ。東照宮もだけど。瓦屋根の社殿って正直あまり好きではない。茅葺きとはいわないけどせめて銅版葺きの方が好み。さて、家光の墓へは寄らずに歩いてJR日光駅まで。駅前は寂れている・・・。東武日光駅前とはえらい違い。でも宇都宮に出るにはJRしかないのだ。
 JR宇都宮駅16:02着。途中で小雨模様だったけど宇都宮駅では晴れ。ここで帰りのバス乗り場を探すのに15分もかかってしまった。バス乗り場一覧の図に書いてなくて、実際のバス乗り場そのものの所に行かないと便が書いてないという状態だった。もう、宇都宮二荒山神社へはいく時間がないのでとりあえず餃子。1人前5個を2皿。ここははお冷が抹茶でした。皮にもち米を使ってるとの事でもちもち。肉汁うまうまでした。で、17:00のバスで新宿まで。そっから中央線で帰宅です。
 しっかし東照宮の神職は営業が旨い。解説の最後には、「ここでしか手に入らない○○」ってキーワードがしきりに。直会の時に「ここでしか手に入らない」土産の饅頭を買ったのだが、ツアー離脱後に寄った土産物屋で売ってたよw。チョイ高めでしたが。なんか限定空間に老人を集めて高級寝具を売りつける方々の口上でも研究しているような感じでした。良い意味でね。神社が寂れていってしまっては参拝に困るんで。
 ちなみに今回のツアー「巫女さんと巡る 日光東照宮〜期間限定!奥宮拝殿での特別祈祷〜」は9/3,6,7,13,14まで募集中。10,980円だけど元は取れると思いますよ。奥宮の拝殿内に入れるのなんてここだけですよw
 Picasa。今回はワイドモードで。

20080831日光


諏訪行ってきます

諏訪行ってきます

職場から無事帰宅。iPod Touchに動画転送中。14:29八王子の超あずさです。超だと1.5時間。超抜きだと2時間なんですね。

諏訪着きました。

曇りで風吹いてて涼しいです。とりあえずチャリを組み立てて、春宮に行って来ました。で、戻ってホテルイン。ここで重大な事実が発覚。無線LANじゃなくて無料LANサービスの模様。部屋に来ているのはLANケーブル。iPod Touchでサーチしたけどやっぱアクセスポイント無し。とりあえずフロアのPCで書いてますが。出てくるときに有線LAN−無線LANコンバータをかばんに入れれば良かったよ…。はぁ。

夏の諏訪 1日目

 8/1に下社で御舟祭があるわけで行きましたよ。御舟祭は寅申の御柱祭に次ぐお祭だそうで。移動用に折り畳みチャリも携行。16:00過ぎに上諏訪駅に到着。R20を北上。路肩荒れてるなぁ。小径チャリなのでキツイです。下諏訪に近づくと地理感覚がよみがえって来た。駅前通りでは夜店準備中。道路も一部封鎖開始されてた。さくっと春宮大門くぐってまっすぐ春宮へ。境内には芝船がででーんとありました。明日には秋宮に遷座されるので参拝。帰りは諏訪湖沿いのサイクリングロードを走って今宵の宿「ルートイン諏訪」着。早速ホテルの温泉につかる。で、晩御飯は近くのうどん屋へ。黒うどんってのがあってそれを食べました。麺が蕎麦色した味噌煮込みうどんでした。そのまま諏訪湖海岸に行って花火待ち。夏は毎晩「サマーナイトファイヤーフェスティバル」って20:30-20:45くらいまで花火を打ち上げてます。んで、ホテルに戻ってまた温泉に入って就寝。

Picasa画像レポはこちら


安房国一之宮 安房神社

安房国一之宮 安房神社



 房総半島の南に初めて行ってきましたよ。先週と同じ東京駅八重洲口からJR関東バスなのはな号にて。アクアラインを通るので東京-館山間2時間です。館山着が定刻より5,6遅れ、乗り継ぐローカルバスに間に合わず。(ちなみになのはな号からJR関東のローカルバスに乗り継ぐと全線200円で乗れます。逆もなのはな号のチケットを見せれば同様。)次まで1時間あるので駅前の回転寿司で昼ごはん。鯨、かんぱち、かつお、いわし、あじ。
 で、13:10発のバスに乗って安房神社前で下車。てくてく歩いて一の鳥居到着。ここの鳥居は真っ白な神明鳥居です。参道の両脇には桜。一通り参拝。拝殿は最近立てられたコンクリ。奥の本殿は木造。末社に厳島神社がありましたが、丁度左官屋さんが工事してましたよ。珍しいものをみられた。お祓いの方が居たので御朱印を頂戴するのにしばし待ち。若い神職が一人でお守り御札売りからお祓いまでやっている感じでした。神社本庁からの派遣なのかなぁ。拝殿のコンクリ化(=メンテが楽だけど遷宮は大変そう)といい、信仰が薄れてるのだろうか?忌部氏は泣いているかも。
 しっかしめちゃ暑いよ。館山より暑い。太平洋が流れる外房側だからかな。てくてくと歩いて相の浜バス停前の交差点で乗りたかった洲の崎方面経由のバスが通り過ぎる。次は1時間半後。仕方ないので来たのと同じ路線のバスで館山にもどる。
 15:30。帰りのなのはな号は17:00なので暇つぶしにレンタサイクルを借りてぶらぶらと。サドルは上げたけどハンドルが高すぎて乗りにくい。ママチャリってなんでこんなに乗りにくい形をしてるんだ?海上自衛隊館山航空基地まで行ってみたり、安房博物館に入ろうとしたら受付で閉館まで30分切ってるけど良いですかといわれて入るのやめたり。適当に走っていたら小さな諏訪神社を発見したので来週本家に行く旨を報告しておきました。で、なのはな号に乗り、海ほたるでタバコ休憩しつつ、首都高が隅田の花火の所為か混んでて汐溜でおりたりしつつ東京駅日本橋口着。中央線に乗ってさくっと帰宅。なんかこっちは道が濡れてて雨ふったんだな。昭和記念公園の花火は30分くらい見られました。
今回の画像はこちらに

s9の充電条件が…

今回の小さな旅でわかった事がある。s9をモバイル系のバッテリーで充電できなかった。s9が充電モードに入ってくれない。PCからの給電では問題がないのだが。じゃぁデカバッテリー付けたVAIO typeUを電源代わりにw。って意味ねー。ソニエリのHBH-IS800が手に入るまでは、サブでひも付きイアフォンとBTアダプタを持ち歩く事で対処しよう。モバイル系バッテリーでもTouch DiamondやW53Hはバリバリ充電できるんだけどなぁ。何が違うのだろう。


常陸国一之宮 鹿島神宮、下総国一之宮 香取神宮

常陸国一之宮 鹿島神宮、下総国一之宮 香取神宮


 朝から曇り空ですが、蒸し暑かったです。ホテル前のバス停からバスで鹿島神宮駅前まで、そっからちょいと戻って鹿島神宮参拝。奥宮やさらに先の要石までの道が木々に覆われていてすばらしい。早朝なのでウォーキングされてる方が多数。この宮は拝殿、本殿は北向きでしたよ。諏訪の上社やまだ見ぬ出雲大社みたいに意味ありかな。えみし対策だろうな。
 次は鹿島線で佐原に出て香取神宮。正直電車が無くて鹿島神宮駅で1時間待った。佐原駅からはタクシー。香取神宮、良いね。参道がもみじだし、漆黒の拝殿、本殿も良い。上総の玉前神社を思い出す。参拝後、参道の厄除け団子やのおばちゃんに捕まりお土産を買わされる。時間もあるんで佐原駅まで歩く。どうやって帰ろうかと考えたけど、ロングシートの電車がつらいので、来た道を戻ることにした。で、鹿島神宮駅に戻って、高速バス(東京駅-鹿島神宮駅間のバスは10分置きくらいにあるのだよ。)で渋滞も無く東京駅着。で、帰宅。適当に撮ってた写真はPicasaにアップ
 そろそろ訪拝交通費もきつくなってきたので安房、氷川の次はゆっくりペースかな。一之宮では無いけども夏のうちに戸隠神社に行きたいしね。8/1の諏訪下社の春宮から秋宮への御祭神の移動も見に行きたいし。諏訪はあずさで行けるので中央線沿線民としては楽なのだな。ま、来週は安房を予定します。菜の花号予約しなきゃ。館山で一泊とか海水浴もいいかなぁ。


盆地に行ってきます

盆地に行ってきます


JRの駅より高速バスのバス停の方が近いようなので、中央高速バス。便が無いのでお昼発です。帰りは無計画です。山梨市駅か甲府駅まで歩いてあずさかな。関係ないけどGoogleMapの有料道路の色が青から緑に変わったね。

甲斐国一之宮 浅間神社





 行ってきました甲斐国一之宮 浅間神社。ちなみにこちらは「あさま」と読みます。富士宮の方は「せんげん」です。両宮とも祭神は木花開耶姫命。先に書いた様に往路は昼行の高速バス。大失敗の巻きでしたよ。まず乗車の時点で25分遅れ。3連休の初日って事で八王子ゲートやら大月JCTまでで混みまくり。中央道はトンネルやら坂やらが沢山なので速度維持が出来ない車が居ると即渋滞だ。予定外で談合坂SAで10分休憩。タバコすぱすぱ。まぁ渋滞中にDとメールしてたから暇では無かったよ。で、中央道甲斐一宮バス停で下車。階段登って外に出たら桃。ここから先、桃とブドウばっかだよ。R20まで出て東に進んで一の鳥居。すぐに浅間神社到着。バス停もあるにはあったけど1日5本くらい。タクシー会社が10社くらいTELNo書かれていたから自家用車以外で来るにはタクシーが良いでしょう。例によって一通り参拝を終えて御朱印をいただいて。境内を歩いていたらなんか端っこの方に石がありました。男性のアレですね。自分のと見比べたりはしませんw。で、まっすぐ道なりに北上して山梨市駅を目指す。暑いんだけど若干の風あり。風景は相変わらずブドウか桃。まぁ何とか駅に着きましたが結構疲れた。だって昼飯食べてないんだもん。途中にあった飯屋はすべて準備中だったし。帰りははまかいじ。八王子下車していそやで冷かけ食べて生き返りました。画像は例によってPicasaにぶちあげてあります。AppleのmobileMeがごたごたしてるのでGoogleのストレージを有料で容量アップしました。Picasa便利なのでじゃんじゃん画像を上げて行きます。
東海道はあと10宮。鹿島、香取、安房、氷川は何とかなりますが(安房は1時間1本の路線バス使ったりと少し結構面倒だけど)、公共交通機関で行きにくいのは静岡の小国神社と三重県内の神社。まぁ愛知の実家を拠点にすれば三重もなんとか行けるでしょう。行きにくい静岡といえば秋葉山も行きたいなぁ。昔行った事はあるけども。でもねやっぱ「食」が無いと今一だね。今後は参拝&食で行きますよ。


相模国 一之宮

相模国 一之宮 寒川神社



 午前中の仕事を片して夜の仕事までの時間で行ってきましたよ。JR相模線に乗るのは2003年に仕事で某ラボに行って以来。宮山駅で降りましたので壱の鳥居からではなく直近の参の鳥居から。国幣中社だけどさすが都心に近いだけあってデカイ。狛犬もデカイし社殿もデカイ。平成になってから作り直ししてるので新しい。一回り参拝して、御朱印。祈祷願いなんかも市役所みたいな感じで用紙に書いて3つある窓口にわたしてお会計wって感じでした。御朱印を待っている間にもじゃんじゃん祈祷願いの人がやってきていた。繁盛してますね。氷川神社もこんな感じなのだろうか?末社の宮山神社(ここは八柱合祀)も参拝して帰宅。雨には降られませんでした。

デバイスいじり

TouchDiamond。SIPはまるちたっぷからHappy Tapping Keyboardに変更。やっぱ普段のPCと同じ入力方法の方が速い。ケータイ打ちはもどかしい。で、ROM焼きの情報を収集中。今のROMは1.34.831.1 WWE (05/25/08)と初期の物が載っている。最近のバージョンだと速いみたいだし、カスタムロムも出回ってる。この辺りは海外ケータイならではだなぁ。Your Own Riskでやってみるかな。文鎮になっても普段の生活には問題はないし。晩秋ごろにはSBMとEモバから日本語版も出るでしょうし。そういえば昼間に某駅ホームでBluetoothのヘッドセット再ペアリング中にSBMの携帯が多数引っかかりました。812辺りはデフォルトでBTオンだから何も知らない人はそのままなんだろうなぁと。ってかSBM多いなぁ。

iPodTouch。ファーム2.0が買える様になったので購入。16G版なのでバックアップとリストアで同期が長い。なんとか終わったのでお試し。文字入力のSIPのタッチの精度は向上している。しかしいわゆる日本のケータイモードは使いにくい。TouchでコレだからiPhone 3Gに並んだ奴らの反応が楽しいだろうなぁ、うひひ。特にメイン携帯にしちゃったお馬鹿さんαブロガー達が痛い事言うんだろうなぁ。そういう人に限ってスパボ一括で買ってなかったりして。SBMの端末はスパボ一括で買うのが後腐れなくて良いのに。iPhoneが2,3万で買えるわけないだろに。でもiPhone 3Gジェイルブレイクされてるから今後の楽しみの望みありではありますけど。