神社・文化建築遺産一覧

初詣@諏訪大社

初詣@諏訪大社

[現地レポ]諏訪大社に去年のお礼と今年のご加護をお願いにやってきました。幸いJR中央線は3分程度の遅れ。甲信の雪じゃなく首都圏での遅れでした。諏訪圏は雪が屋根や歩道に5cm程度残っているくらい。ただ雲がまばらにあり。気温的にはやっぱ低いです。昼飯は茅野駅前ビルの蕎麦屋でやまかけそば。

温まったところで神橋コースで高部東の交差点に出て、前宮方面。拝殿前の坂に雪が残ってて足元慎重に参拝。帰りはくだりだからさらに慎重に。で、犬に吠えられると噂の鶏冠社に初めて行ってみた。予想通りワンワン吠えられたw。これじゃ神職も神事がやりにくいだろうなぁ。場所が民家の入り口脇なのよ。

前宮から本宮に行く途中、高部地区で相本社と下馬社を参拝。どちらも上社の摂末社です。相本社では屋根の鰹木の切り面に諏訪梶の神紋を発見。続いて守矢史料館。先に奥の御頭御社宮司総社を参拝。で、史料館。いつも気のいい館長さんに入館料100円支払い。手前の展示は既に昨夏に見てるので、さくっと特別展示「丑年の古文書」の展示へ。すると館長さんがパンフを持ってきてくれた。古文書はいわゆる守矢文書ですかね。今回の展示で一番古いものが応永四年(1397年)でした。ニコニコした館長さんに見送られて退館。権祝邸前を通って、車両一方通行の「わかされ」を左に。

で、本宮二之御柱側から参拝。きよめ茶屋跡地は測量の道具があったのでやっぱ平成22年の御柱祭に間に合うように立替なのかな?布橋を渡ってUターンして。祈念しまして、御札を頂く。で、北鳥居を出ずに西へ。宮の脇の神社辺りも撮影して、西側の鳥居をくぐって中央道脇を東へ。藤島社がたしかここら辺だったので。すぐに見つかりました。参拝撮影してホテルへ向かう。中央道をくぐったりまたくぐって戻ったり、ジグザグに向かいます。道がそうなってるんだもん。で、17:00前にホテル入り。

まずは、最上階の風呂に行ってきた。CW-Xをはいてくるのを忘れたので下半身が冷えてる。雪の上を歩いたから靴底から冷えが来ている。洗髪して内風呂であったまった後、露天風呂。月が丸く見えて良い。今日は月齢13でしたか。ぽかぽかになって部屋に戻って、晩飯を食いに。昨年11月と同じくホテル近くのカナディアン・ロッキー。ラムステーキ食べた。旨かった。0:00過ぎにもう1度屋上風呂に入った。月は真上。真上ってのも見難いのだが。では、寝ます。ちなみに今日は地図一切使わずの行程でした。もう、このあたりは土地勘がついたもん。

20090110諏訪・上社初詣

結婚します

○×バトーン

経験したことあるかを

○or×で答えてね!!

題名は「結婚します」で

入院→×

骨折→○

失神→×

しゃぶしゃぶ→○

万引き→×

補導→×

ギター→○

ピアノ→○

メガネ→○(伊達で)

コンタクト→×

テレビ出演→○(映っただけ)

北海道→○

沖縄→×

四国→○

京都→○

大阪→○

名古屋→○

仙台→○

福岡→○

漫画喫茶→×

エスカレーターを逆走→○

フルマラソン→×

10kg以上減量→○

金髪→○

ピアス→○

日本武道館→×

横浜アリーナ→×

ラブレターをもらう→×

手術→×

犬・猫を飼う→○

一目惚れ→○

幽体離脱→×

先生に殴られる→○

廊下に立たされる→○

徒競走で一位→○

リレーの選手→○

2メートル以上の高さから落ちる→○

学級委員長→○

飛行機→○

ディズニーランド→×

スキー→○

スノボ→×

異性に告白→○

同性から告白される→×

mixiのマイミクさんのバトントラップを踏んだから書いてみただけです。結婚するかしないかはわかりませんw。


最寄り神社

最寄り神社 初詣

今日はアパートのすぐ裏(というか神社の裏がアパートなのだがw)の神社にスーパー買い出しの帰りに初詣。誰もいない境内だけども正月の感じがします。

週末の諏訪圏

行きはJR中央線のあずさを押えました。八王子(10:42)~茅野(12:27)。金曜日が仕事遅番なので遅めの出発で。今回は日帰りでもOKなコースを一泊してゆっくり行きます。帰りの交通機関は現地で決めますかね。えきねっととかハイウェイバス.コム使えば良いし。問題は前日金曜日が曇り時々雨予報な事。翌土曜日の訪諏訪だけど前夜に降って凍結したとして日中は溶けるかなぁ。初ブロンプトン輪行も考えているので気になります。まぁ、札幌時代は凍結しててもMTBで通学してましたから何とかなるかな。


立川 諏訪神社

立川 諏訪神社

立川 諏訪神社

三が日最終日、行ってきました。14:00過ぎですが、参拝の列が結構長かった。神紋がなぜか「諏訪梶」ではなく「三つ巴」。八幡と稲荷も祀ってあったので八幡系の巴紋なのかもしれない。ここで、古い御札をお返し、と言っても諏訪のではなく神宮大麻、八坂神社、鹿島神宮、東照宮。武道場がある武道系の神社なので鹿島神宮を返しても問題なかろう。そういえば武道といった意味での諏訪神社なのかもしれないな。タケミナカタもタケミカヅチも武道系の神様だから。本殿は拝殿裏手にガラスの覆い家の中にあった。1994年に放火で焼失して再建しているので火事対策と思われる。一通り参拝散策して戻ってきたら参拝の列が先ほどより長くなっていたよ。一緒に参拝したDが実は茅野生まれだという事を聞いてびっくらこきましたよ。親父さんがレンズ職人だったから当然と言えば当然ですけど。


二日目は

二日目は

恒例の豊川稲荷参拝です。

ここは稲荷とはいうものの神社じゃなくて寺なんだよなぁ。参拝後いなり寿司を買う行列に並んでる母と叔母(1枚目の写真の手前右端2名。一番右で帽子かぶってるのが我が母)を待ちながら、横で売ってた「おきつねバーガー(いなりバーガー)」280円を買ってみた。バンズがカリカリにあぶった揚げで、中はレタスとチキンカツ。結構旨かったですよ。来年の初詣でも食べたいし、今年砥鹿神社に一之宮参りする機会があったら寄りたいです。

んで、さくっと帰京しました。名古屋駅あたりでお土産購入。いつも坂角総本舖の「ゆかり」なので今回は桂新堂の「えび姫」にしたり、Dが所望の八丁味噌をさがしたり。名古屋駅で各新幹線共、混雑により5分程度の遅れ。品川駅でも東京駅が満タンでちょい待たされって感じでした。


謹賀新年

謹賀新年

今年もまったりと巡って参ります。微妙に前進しつつね。

馬場瀬神社のPicasaWebは↓

馬場瀬神社

馬場瀬古墳群

神社に参拝し終わって古墳群を見に行った。昨年10月に来たときに整備工事中の看板があった所。子供のころの記憶とくらべると木が切られて明るくなっていた。子供の頃もそうしたように、8号墳の石室の中に入ってみたり。(一部画像ファイルがデカイので「壊れている」とか言われたらリロードしてみてください。)

馬場瀬古墳群

猿投神社

三河の国三ノ宮の猿投神社です。いつも元旦の夕方に親族で参拝に行きます。自分は神宮大麻とここの御札を頂いてきましたよ。御朱印もらうのは春になってからかな。三河一之宮砥鹿神社、二之宮知立神社とあわせて参拝したい。来週は諏訪に御札納めと新しいのを頂きに行きます。

20090101猿投神社


出遅れた

出遅れたよ

少し朝寝坊して、Web巡回とかしてたらもうお昼だよ。でも出かけないのもシャクなので午後から小野神社行ってきますだ。空は雲が多いけどね。

武蔵国一之宮 小野神社

ブロンプトンでちょいっと行ってきた。途中別府社に寄ったりしたけども、まずは聖蹟桜ヶ丘の方の小野神社。

意外と結構な広さの境内であった。もっとこじんまりとしてるかと思ってたよ。参拝して、関戸橋を渡って中河原駅をくぐって中央道の脇。ここが府中側の小野神社。

こちらは神紋が三つどもえ。多摩の方は菊だった。謎。

蝋梅

参拝を終えたので近場の府中郷土の森に寄った。目的は蝋梅。「梅」の字が付きますがそうではないんだそうです。園内の蝋梅の場所は一番南端の多摩サイ寄り。入口は北側なのでぐるっと廻って来ないと行けない。目的の場所に来ると高貴な香りが。花も字のごとく蝋で作った梅という感じ。沢山咲いてましたよ。


(no title)

古代道路 東山道


大きな地図で見る
 日本の古代道の道筋を考えていて素人的に大まかな経路さえわからないのが東山道。悩ましいのは飛騨一之宮と科野一之宮と上野一之宮の間。飛騨-科野間は上高地を経由したのか、伊那方面へ一旦南下して、州羽の海に出ていたのか。古代道路は直線を好み、幅員も10から40mはあったという。伊那に出た方が先は天竜川の残した平地があるが、直線を保つなら上高地。州羽からも出口は高原を越える事となる。現在の中央線、中央道の経路は確かにぐねぐねだから好まれなくあえて蓼科を超えて佐久方面へ抜けたのではないかな。そもそも、美濃から州羽に行く前に飛騨に行く必要が有ったのだろうか。ヤマトが来る前の飛騨の神は強力だったのだろうか?ちょっと気になる。基本的にヤマト朝廷は各地に強い信仰がいると持ち上げて神話に取り込んでいた。飛騨方面も調べてみたいなあぁ。如何せん現在には書物は残ってないし、地形と気候と(本来の)神社の配置とかから読み取るしかないやね。その点ではやっぱ自分は地理選択で地理好き地図好き地形好き気象好きで良かったかなと。「道路」ってのは使う人がいなきゃ寂れて跡形も無くなってしまう物だから。

『高部の文化財』入手


 諏訪から帰宅後、Googleを駆使して、京都の古本屋吉岡書店に有るのを発見。発注して、倉庫の在庫確認してもらって、郵便振替で入金して、ゆうメールで送付と長い道のりでしたが、なんとか入手しました。今まで書かなかったのはインターセプトされるのを避ける為。非売品だけど3,000円の値がついてました。平成八年刊だけら安く手に入ったんかな。あと、平成十八十二月刊の『続 高部の文化財』も手元に欲しいのだが、まだ見つけられてない。諏訪市図書館である程度は読んだけど、手持ちと諏訪圏まで読みに行くのでは手間が違う。おなじく非売品なのでまだ古本屋に出回るまでは時間かかるかなぁ。でも、非売品として地元に配るならパブリックドメインとしてネット上で公開して欲しいのが本音。守矢文書全般に言えますけど。史料館で公開しているとはいえ現地でゆっくり読めないじゃん。保存状態が悪くなる前に全スキャンしてネット公開だよ。諏訪への交通費や滞在費を考えると閲覧料として幾ばくかを払うのありで。

まだまだ知りたいこと。

 諏訪湖から天竜川沿いに太平洋までの地域の昔が知りたい。出来れば飯田から西に折れる形で。自分のルーツがR153号線飯田街道沿いなのですね。自分の祖先はどこから来たのか、どの師だったのかとか生活にはなんら役には立ちませんが知識欲の足しにはなります。父方のもとの姓が「羽矢」というのもなんか引っかかる。如何せん稀少姓なのでネットではなかなか引っかからない。現地(旧足助町)に行って調べるしかないかしらん。母方は三河では有名な「本多」氏なので調べる事ないし。週末に一周忌をする爺さんは「康訓」さん。母親は「康江」。家康の「康」を貰ってるっぽいかな。それは弟に引き継がれて、自分は親父の「昌」を引き継いでいるのだけども、これはどこから来たのやら?希望的には羽矢系が州羽まで繋がるとうれしいのだが。ちなみに実家は以下の7:38あたり。この動画は自分にはすごくなつかしい感じ、Part2とかもう豊田市になっちゃった足助町あたり。


予定通り帰宅

予定通り帰宅

Just22:00に帰宅です。まぁ、帰りも中央道混雑で20分弱遅れましたが。小仏の手前は構造的欠陥なんじゃないのか?河口湖線からの流入を裁き切れてないのかな。天気が持ってなによりでした。現地では傘使わなかったよ。あ、岡谷の洩矢神社の拝殿の鍵に絵馬かけた東方ファンは呪われるぞ。モラル無いなぁ。自分は次の御柱の画像を公開するか悩んだくらいなのに(原村のサイトで公開されてたので、結果自分も公開しました。場所は書かないけど歩いてみればわかるでしょう。)。今日のサプライズは図書館にて。上社前宮以前の神社(祭殿?)の候補がある事がわかった事。

諏訪圏歩き

洩矢神社
藤島社
行程
ホテル発→犬射原社→前宮まで往復→茅野駅11:01で岡谷駅→洩矢神社→藤島社→岡谷駅12:25で上諏訪駅→諏訪うめえもん市→諏訪市図書館→片倉館→上諏訪駅前バス停で中央道高速バスにて帰宅。
Picasaのウェブアルバム

では本編。
 8:00起床。9:00チェックアウト。前夜発見したホテル近くの犬射原社を参拝。石作りの祠。中央線を横切って、昨日見たデカい鳥居へ。茅野駅から前宮への近道。茅野駅から前宮へは少なくとも上川と宮川を渡らないと行けない。どの橋を通るかがポイントになる。道を降りていくと達屋酢蔵神社。幟がたっていて、拝殿前には人が沢山。紫の梶の幕も張られている。どうやら本日神事があるみたい。通り過ぎて横内の交差点を越えて神橋で上川を渡る。今度はR20バイパスと中央道を一気に高架下でくぐる。R152沿いに南西へ。交差点の角にファミリーマート。もう前宮はすぐ。前宮前の交差点脇の駐車場で三代家族連れらしき団体あり。子供は小さかったので七五三の三?小さい子の年齢が全然わからない自分。ま、信号も青になったので先に一気に上って拝殿まで。水眼で手水を使い参拝。その後ペットボトルに水詰め。そうこうする内にも少ないけども参拝者はやってくる。そこそこいい感じですね。一之御柱脇に夏には見なかった神宮の遷宮の旗がかかっていた。(一般的に「神宮」=伊勢神宮。「大社」=出雲大社です。)宗教法人的には諏訪大社は神社本庁系とは別なのだが、今の拝殿は昭和七年に神宮の古材で建てられた物。それ以前はもっと小振りで神長官の儀式に関わるもの。神宮のお古を頂いているからは遷宮の旗も立てるでしょうね。途中、視界に入った子安社に寄って参拝して、来た道を茅野駅まで戻る。あ、ファミマでお金をおろそうとしたけどATM無かった。安国寺の方のセブンイレブンにはあったはず。ちなみに、茅野駅、上諏訪駅、下諏訪駅、岡谷駅にはViewアルッテがありません(T_T)。

 11:20の諏訪バス岡谷行きに乗ることも考えていたけども11:01のJRに余裕で間に合ったので、駅前デパート(駅ビルと書かないのは古き良き駅前のデパートなので)で爪切りを購入。やっぱバンドエイドは根本対策になってなかった。爪を切って復活。で、JRにて岡谷駅まで。11:16着。うめえもん市の上諏訪への帰りの電車は12:25。次は13:00の諏訪バスになる。洩矢神社を目指して長野道をくぐり天竜川を渡り。って結構近いです。噂のマレットゴルフ場と化した洩矢神社。手水舎の柄杓が茶道の杓だったりしますが。手水舎は右手にもあったのかな。それっぽい跡がありました。で、拝殿。目の前に絵馬があるんですけど。どうやら東方ファンらしき人が聖地巡礼と称して掛けていったもの。この神社は絵馬掛ける場所はないからって拝殿の真ん中に掛けるなよ。しかも書いてある文言が・・・。KYってか場所をわきまえて欲しいなぁ。で、奥の方の中央道により遷座した菅原さんもお参り。そこから天竜川対岸をみても藤島社は見えず。あるいて、対岸へ。一旦JRを渡る必要がある。来るときは高架下をくぐってきたけど、今回は陸橋で。下を三本の線路が走ってるけど真ん中が飯田線、両脇が中央線。伊那方面を見ると飯田線は下に下がっていき、中央線は右にカーブして天竜川を渡って塩尻へ。陸橋を降りて、天竜川を渡る。中央印刷さん。広い道沿いに西にあるくと藤島社。聞いている通りに小さな祠。でもご神木に藤の木がちゃんとあったり。二拝二拍手一拝して岡谷駅に戻る。なんとか岡谷駅12:25に間に合った。ちょうど第二案だった茅野駅11:20発の諏訪バスが着いたところ。JRにて上諏訪駅まで。

上諏訪下車後、旧東洋バルブ跡地の諏訪うめえもん市会場まで。地図持ってたのに大縮尺すぎたか曲がる交差点を間違えて諏訪湖まで出てしまった。ぐるっと大回りして諏訪日赤の脇を通って会場へ。なんとか会場に入って飲食場に行ったものの鹿肉煮込みは売り切れ。鹿肉けんちん200円をゲットして食べた。唐揚げされた鹿肉が入っていて美味しい。なぜか富士宮焼きそばを売ってたが諏訪?。やっぱ予想どおりのしょぼさ。来ている人は当地の子供連れ家族が多い感じ。食べ終わったあと会場の物産店で「御諏訪鹿 鹿肉料理のあれこれ」という冊子を購入。会場外にでると水陸両用車が停まっていた。事前応募の奴なので乗れませんけどね。予定通りの有様に落胆しながら会場をあとにして、諏訪市図書館へ。

 13:15諏訪市図書館。二階に上がって郷土資料室へ。席は高校生らしき自習が多い。市史の棚で目的の『高部の文化財』を発見。さらに『続 高部の文化財』もある。とりあえず前者を手にとってあいている一人用席に陣取る。・・・1時間に1回タバコ休憩しながら17:00まで読んでました。面白いったらありゃしない。書棚にはまだまだ読みたい本が・・・。また来るかなぁ。後ろ髪を引かれつつ図書館をあとにして片倉館へ。片倉館というのは公衆浴場です。入ってみたら、湯船が深いよ。最深部では胸のあたりまで。湯船床は砂利引き。浮力があるので足つぼ効果は薄い。で、晩飯。上諏訪駅近くの豆腐料理屋でなぜか馬刺しととろろうどん。さくっと食べて店を出るとメニューサンプルの脇に貼ってある すわ鹿の味噌カツ丼セットとかすわ鹿のてんぷらとかのメニューの看板に気づく。うはー今度来たら食べよう。R20を渡って高速バスバス停からバス乗車。道路混雑で遅れつつも最寄りバス停21:20頃到着。次は年越しか、11月に日帰りで御座石神社と鹿料理と図書館か。
(次回の訪諏訪へつづく)


御柱

御柱

朝から中央道渋滞でした。ホテルはネット接続ありなのですが夜になったらダイアルアップのような速度。ハゲ電話もHSDPAエリア外。茅野駅から三分の立地なのに。よって詳細は帰宅してから書きます。自分的サプライズは再来年の御柱候補に会えた事。三本みつけました。場所はトレッキングコースでは無いよ。

蓼科歩き

ビーナスライン
次の(仮)前宮四之柱
諏訪圏1日目。
行程
8:15頃中央高速バス乗車。10:32中央道茅野バス停下車。茅野駅まで歩き。11:20茅野バスラウンドバス乗車。13:00南平バス停下車。御柱の道トレッキングコース入口まで歩き。14:02トレッキングコース入り。15:00トレッキングコース脱出(箕輪平入口)。徒歩にて白樺湖まで。15:40東白樺湖着。16:13東白樺湖バス停より茅野バス茅野駅行き乗車。17:00茅野駅到着。
Picasaに画像をとりあえずアップ。コメント書きとダブり削除をするから、生が見たい人は今の内にどうぞ。ただし虫系に弱い人には1枚だけきついのがあるよ。

 では本編。(文字が多いのでPicasaの画像と並べてお読みください)
 7:20に家を出て最寄りの中央道バス停まで。大体徒歩で30分弱。バス停に着いてみると今までここで見たことない様な数の人が・・・。どうやら河口湖方面に行く方々でした。河口湖行き4号車まであったよ。その河口湖行きも遅れてるようで、自分が乗る岡谷行きが来たのは定20分遅れ。バスに乗り込むと指定の通路側の席におっちゃんが座ってる。トイレ近いから通路側が良いから変ってくれという事らしい。まぁ承諾。自分も通路側は脚出せるから楽で良いのだが。このおっちゃん話し好きでいろいろ会話してた。知り合いの寿司屋がコンビニおにぎりの海苔のパテント持ってるとか。彼は中央道昭和で下車。バスは30分遅れで運行。下車予定の上諏訪駅まで行っても茅野駅に戻る電車は出たあと。なので、中央道茅野バス停でおりて杖突街道歩いて茅野駅に出ることにした。杖突街道は6月の訪諏訪の時に歩いてるので距離感はわかる。茅野駅の寒天の屋上看板を目指すだけ。

 10:50頃茅野駅となりのデパートビル西側着。なんかデカい鳥居がある。というかバス乗り場を探さないと。ビルを半周して駅側にバス乗り場を発見。切符売り場も発見。切符を買う。11:20のバスで南平(みなみだいら)までと伝えると、売り場のお姉さん必至で探す。ここへの客は初めてだったらしい。切符も1,000円の切符と450円の切符をステープラーでくっつけてくれた。デパートビルでサンドイッチとビスコを買って、サンドイッチを食べてバスを待つ。ラップで巻いただけで値札すらついていない手作りハムサンド。バスが来ました。ボンネットバスじゃん。しかも小型。定員18人くらいかも。

 バスは自分を含めて6名くらいの客を乗せて出発。独りの地元系おばちゃんたちは早々に降りていく。途中で御座石神社を発見。次の訪諏訪で来よう。だんだん高原の雰囲気になってきた。それを過ぎると山間部の別荘地。このラウンドバスは観光ポイントをいくつか廻っていくバスなので、ずん止まりのポイントに着くと来た道を折り返す感じ。で、とうとう客が自分だけになってしまったバス停で運転手さんが「お客さんどこまで?」と。「みなみだいら」と言うと怪訝な顔をしつつ「なんだいら」ねと。ここのバス停は「南平」と書いて「なんだいら」と読む模様です。これを間違えるのも日野市民だから仕方がない。バスはピラタスロープウェイ乗り場着。ここで途中で乗車した女性2名が下車。代わりに関西弁ばりばりの男女5名が乗車。乗車するなりコテコテの会話が始まるw。高原の車窓とコテコテのおっさんギャグとおばちゃんツッコミ。妙な雰囲気になりつつ南平バス停に到着。

 バスを降りても周りには何も無い。三叉路だけ。標高1600m。でも全然寒くない。ザックで場所を取っているマウンテンパーカが重い。ビーナスラインを北上する。電柱も何も無い観光道路。車は結構な速度で走って行くけど数分に1台なので気にしない。事前に地図で見て等高線沿いの道だったから登りとかは無いだろうと予測してたのだが、これが緩やかな下り基調の道。たまに軽い登りはあるけど楽々。いくつかある沢も橋で越えてるし。で、歩いていると左に何かある。うご、注連縄と紙垂がモミの木に巻いてある。この時はこれが諏訪大社のとは思わず、どっかこの辺の社の奴かなとか思っていた。諏訪圏の神社はどこもかしこも御柱が立っている。稲荷神社でさえ。先へ歩くと、谷側に赤テープが。目をやると点々と奥へ。しかも足下は藪が払ってある。来ちゃったかな。って感じで道を外れて降りていく。足場は岩とコケと枯れ枝でぐわんぐわんとたわむ。その先にあったのは前宮四之御柱。意外なところで出会ってしまって鳥肌が。まだ、生木で柱にはなってないけど名札の前で二拝二拍手一拝した。本見立てで変更が無い限り2年後にはこの木が前宮に立つのだなぁ。道に戻って、歩く。また赤テープ。次は本宮三之御柱でした。数値的推測だと最初に道路脇で見たのは本宮四だったのかな?時間も限られるので先を急ぐ。一軒の別荘を過ぎると御柱の道トレッキングコース入口に到着。

 トレッキングコース最初は木造の橋。それも迷路のように枝分かれした物。面白いんだけどペイントと落ち葉の関連なのか滑る。手すりを確保しながら歩く。御柱コースへは看板を見ながら進んでください。木造の橋群を抜けると一旦広い場所。そこを進むと塩沢堰。昔の人が私財を投げうって作った水路です。しばらく水路沿いに土道を歩く。ふと水路に目をやると白い物が沢山。現地では栗系植物の花かな?と思ってたけど、帰宅して調べたら・・・。今年は八年に一度のキシャヤスデの大発生の年らしく、たぶんその死骸。しばらく歩くと、五社大神。岩とコケ。祠まで岩を上って参拝。岩山の岩ではなくて割れた岩片が多数。景観的にはコケの緑と岩色で良い場所。堰沿いに歩くと右に折れる箇所。ただ、その先に何かありそう。行ってみたらどこかの寮の弁天神とか看板あり。ただ、藪こぎになるので引き返して御柱道に戻る。戻ってすぐに目の前に御用材跡地。前宮四の切り株発見。続いて反対の北側藪奥に前宮二。これで終わりかと思いつつ道を下っていくと道に本宮二と本宮三。ちょっと下って本宮四。このあたりで10mほど先の北側斜面でガサガサ音を立てる動物発見。熊?と身構えたけど、灰色っぽかったので冬毛の鹿かカモシカかな。颯爽と逃げていったのでカメラには納められず。これで終わりかなと思った頃、本宮一と前宮一に遭遇。ちっちゃな沢の向こうの草むらの先なので行って見たけど草の実が大量にズボンにくっついた。ここを過ぎると出口の看板。正直、右足の指が痛い。靴を脱いで確認はしなかったけど、中指の爪が人差し指に食い込んでいる模様。普段はかないトレッキングシューズが仇になったか。出口にでると焼きもの屋さんの建物。ビーナスラインを白樺湖まで歩きます。時間的には良い感じ。

 こっち側のビーナスラインは車通りが多い。道もそれなりに広いんですが。車やバイクがガンガン走る脇をよたよた歩く。右足が痛いのと荷物が重いのと。途中の温泉宿を過ぎたあたりから今までと違った上り基調の道。ここは高原なのですよね?暑いんですけど。ってな感じで何とか信号機のある交差点まで。ここから一気に急下りで白樺湖。湖面は見えてます。今、上った分を下る感じ。この下りでスーツを着た男性とすれ違い。名札もつけてたからお仕事中のホテル関係者なのね。「お疲れ様です」と挨拶されちゃった。坂を下りきって左は池の平ホテル。豪華なんだが、なんか邦楽をスピーカーでならしてて五月蠅い。バス停を何とか探して、脇にあった切符売り場で茅野駅行きの切符をゲット。大門街道経由なので1,000円。バスを待つ間もスピーカーからの音楽が。景観は良いのに台無しだよ。

 16:13バスに乗って茅野駅まで。つづら折りのR152。ただ、とこどころで民家のある旧道を通る。柏原とか山寺とか。楽しい。夕暮れの昔の町並みって感じ。往路とは違い半分程度の時間で茅野駅。で、車窓から降車所の手前に神社発見したのでバスを降りてから行ってみた。17:00過ぎだから日暮れぎりぎり。なんと大年社。こんな所にあったのね。ここは御柱が無いけども木製の鳥居を七年毎に作り替える社です(「御座石社神社」も同じ感じ)。んで、ホテル入り。飯食べて、風呂入って就寝。ホテルは和室だからか冷蔵庫無かった。大風呂は道を挟んだ新館の1F。ネット接続はブラウザで一旦認証する系のサイト。館内VDSL。つながるんだけどもなかなか流れてこない感じのイライラ接続。おすすめしません。右足はやはり爪が突き刺さって出血。コンビニでバンドエイドを買って応急処置。
(10/05へつづく)


日光東照宮with巫女さん&下野国一之宮

日光東照宮with巫女さん&下野国一之宮

 運良く雨に降られず。傘を使ったのは最後の最寄り駅から自宅までのみでした。


 5:40に目覚ましで起きて身支度。6:40に家を出て、JRにて池袋まで。7:45に池袋駅東口の集合場所に行くと4つくらいのはとバスツアーの参加者がわらわらと。無事に巫女さんツアーバスに乗れて8:10出発。参加メンバー32名。女性二人組みが多いやね。自分を含めた単独参加者も8人位。全体的の男女比率が2:8位だったかな。女性率高し。添乗員さんとガイドさんの2名同行。
 バス移動は省いて、東照宮社務所着。ここから巫女さんに付いて周る。ガイドさんと添乗員さんも最後尾を付いて来たり。ところで今回の巫女さんがメガネっ娘で比較的アニメ声。本当に本職だったのだろうか?実はレイヤーのバイトとか?否、説明がしっかりしてたので本職でしょう。本職だけどレイヤーだったり…(妄想はいい加減にして)。眠り猫までは通常ルート。そこから奥宮まで200段。金比羅山で1368段登ってるから問題無し。奥宮では拝殿に上がって特別祈祷。玉串担当を選んだ時に男性2名が挙手。ま、いっかと自分は辞めときました。ここで祝詞奏上中に隣の女性がツボにはまったのか笑いをこらえるのに必死だったりとかしましたが。で、徳川家康の墓をぐるっと回って眠り猫んとこから通常の拝殿の中へ。石の間で参拝。戻って眠り猫から関係者以外立ち入り禁止の通路を通って社務所着。直会の儀で撤餞をいただく。お札その他もろもろや、参拝途中でお願いした御朱印もここで受け取り。ここまで2時間ちょい、13:00。でも、あっという間。正直もう少し時間が欲しかった。このツアーだと手水舎使ってないし(自分は巫女さん解説中に抜けて使いました。ってか解説中に周りの神社建築の写真ばかり撮っててあまり聞いてない奴でした。)。
 で、昼ごはん。ホテル清晃苑で徳川・日光杜盛膳(通常2,100円)。朝飯を食べてなかったので助かった。ガイドさん添乗員さんに了承を得ているので、ここでツアー離脱。二荒山神社へ向かう。その前に、東照宮の一の鳥居を正面から見てないので寄り道して。二荒山神社。参拝して御朱印いただいて奥の日光霊泉まで。下野国一ノ宮のひとつではあるけども権現造りなのがなぁ。東照宮もだけど。瓦屋根の社殿って正直あまり好きではない。茅葺きとはいわないけどせめて銅版葺きの方が好み。さて、家光の墓へは寄らずに歩いてJR日光駅まで。駅前は寂れている・・・。東武日光駅前とはえらい違い。でも宇都宮に出るにはJRしかないのだ。
 JR宇都宮駅16:02着。途中で小雨模様だったけど宇都宮駅では晴れ。ここで帰りのバス乗り場を探すのに15分もかかってしまった。バス乗り場一覧の図に書いてなくて、実際のバス乗り場そのものの所に行かないと便が書いてないという状態だった。もう、宇都宮二荒山神社へはいく時間がないのでとりあえず餃子。1人前5個を2皿。ここははお冷が抹茶でした。皮にもち米を使ってるとの事でもちもち。肉汁うまうまでした。で、17:00のバスで新宿まで。そっから中央線で帰宅です。
 しっかし東照宮の神職は営業が旨い。解説の最後には、「ここでしか手に入らない○○」ってキーワードがしきりに。直会の時に「ここでしか手に入らない」土産の饅頭を買ったのだが、ツアー離脱後に寄った土産物屋で売ってたよw。チョイ高めでしたが。なんか限定空間に老人を集めて高級寝具を売りつける方々の口上でも研究しているような感じでした。良い意味でね。神社が寂れていってしまっては参拝に困るんで。
 ちなみに今回のツアー「巫女さんと巡る 日光東照宮〜期間限定!奥宮拝殿での特別祈祷〜」は9/3,6,7,13,14まで募集中。10,980円だけど元は取れると思いますよ。奥宮の拝殿内に入れるのなんてここだけですよw
 Picasa。今回はワイドモードで。

20080831日光