Make一覧

IFTTTでESP32 (実験編)

IFTTTでgoogle home miniをトリガーにしてESP32につないだLEDをつけたり消したり。つけるのは動くが、消すのが音声コマンドの時点で受け取ってもらえない。また、「ライト」とか「照明」などの言葉はホームデバイスの予約語になってるみたいで自作フレーズには使えないのかな。もう少し調べよう。


google home notifier

試してみましたよ。Linux mint 17.3 mateだとnodejsでエラーが。Ubuntu 17.10をVirtualBoxで仕立てたけどなんかエラーでるねぇ。ってかUbuntu、 FcitxじゃなくiBusデフォになってたりする?
結局、どこのご家庭でも常備されてるRaspbery Piで成功しました。ただ文言を話すだけなら ATmegaのAquesTalk pico LSIでも出来るからなぁ。


スマートスピーカテスト

寝室の照明をコントロールする手始め。
Google home miniをつかって音声コマンドをテストした。IFTTTを使用。Google home miniに「メールして」とお願いすると、自分のメールアドレスに「メールしたよ」という本文のメールが届くだけ。thatの部分をwebhookに変えて、自宅内のマイコンのWebサーバを引っ張らせて照明の赤外線リモコンと同じ発光をすれば良い。マイコンを外にさらすのもアレだけど、OSが無い分raspberry piとかをさらすよりは良いだろう。IFTTTでなくて直接宅内でスマートスピーカからRESTできるといいんだが、「Actions on Google」の「Actions SDK」 の方も試してみたい。宅内ローカル環境としてサーバ兼赤外線発光機を立てるならpiもありだな。pi zero wも1枚だけあるし。


Let’s note閉じたままで電源ON

 仕事のNotePCがLet’s note CF-SZ5になった。普段外部モニター、外部キーボード・トラックボールを使っているのでノートPCは閉じたまま。Let’sは電源スイッチが外にあるので開かずに電源投入できるかと思ったが駄目。BIOSに設定も無いみたいだし、今は管理者じゃないとBIOSメニューは開けない。でもフタが開いていれば電源が入るということはセンサーがあるというわけで。簡単なセンサなら磁気センサー。ネットでさぐってみると古いLet’sでそういう機種があった。
 会社で現物調査。開いた状態で磁石をあてていく。トラックパッドの左前あたりでLCDが消灯。磁石を離すと点灯。あ、ここにあるか。一旦電源落として、フタ開いて磁石をおいて電源スイッチをスライドしても電源入らず。磁石をどけると電源が入る。とりあえず磁石の影響をなくすため、1/4くらいニッケルが入ってる100円硬貨をテープではってみた。目的は達成できたようだ。だが、OS的には常に開いてる認識になるがそれで影響がないかだなぁ。

追記)100円だと位置が微妙で電源入らなくなったりするので一旦外した。出社時に1回フタ開ければいいっていえばいいけど、ブックエンドの様に縦に置いてるから開けるの面倒ではある。


装具を治す

使い始めてまだ3ヶ月ちょいというのに右足の装具であるオルトップ AFO LHの本体側の面ファスナーが剥がれてきた。本体の素材はポリプロピレンなのでちょっと厄介。

ネットで調べて「ボンドGPクリヤー」に行き着く。んー確かもってたような?と素材箱を探したらでてきた。でも接着しちゃうと次の修理がしにくいかなと違う手段を検討する。

カー用品のエーモンでポリプロピレンOKの面ファスナー(30x150mm)を見つけて購入。つかってみたらバッチリなのでこれで行く事にした。ヘタっても交換できるしね。350円。


雨センサー復帰

 入院中にあったマンションの外壁塗装の所為で取り外して部屋の中に回収してあったXBee雨センサー。電池電圧(単2が二本)も2V切るか切らないかくらいまで落ちてきてたのでメンテナンス。ケースを外して、電池交換。雨が当たるプリント基板部分も取れてたのでビニールテープ等で付け直す。親機との通信が確認できたところでベランダの雨があたる位置へ付け直した。週末の雨で動作確認。


raspberry pi設定

pi zero wを手に入れて居たが設定してないので設定した。「w」なのでネットワークは無線LANで。PCからsshできるとこまでは済んだ。
ついでに、遊んでるpi 3も再インストール。最新のrsapbianのGUI付き。無線LANも設定しPCからSSH,VNCできるとこまでやった。

しばらくviなど使ってなかったけど、いじってると思い出してくる。が、キーストロークはそのまま打てないんだよなぁ。左手しか動かんから。

さて、設定は済んだので。ちっとi2c,spi,uartあたりをいじってみます。言語はやっぱpythonかな。


1セグメント化

自宅のLANはcloudstackのテスト環境があったため複数セグメントになっている。ipv6導入も考慮して一旦シンプルにする為に1セグメント化した。

インターネットとブロードバンドルーターで繋がってるセグメントを残す。実験セグメントとの間のローカルルーターは取り外す。実験セグメントにあるNAS2号機は残すセグメントに移動。閉鎖セグメントのHUBを持ってきてNASとの接続を整理。実験セグメントが机の下のデッドスペースなので、潜り込んでの作業で麻痺してる身体的にきつかった。

こんな感じで1セグメント化は完了。次はipv6化していくのだが、自宅だけでなくAWSのサーバもV6化したいし、でも家のIoTデバイス(mbed)はipv4だし。なので順次進めます。


片麻痺でハンダ付をどうやったら良いだろう

スイッチサイエンスさんからESP-WROOM-32の開発キットが出たので発注した。
発注したのは良いんだがピンヘッダのハンダづけをどうしよう。
ハンダ充填機能のあるガンタイプのハンダゴテを購入して使うか?はたまたクリームハンダを買ってヌリヌリしてコテだけ当てたらどうだろうとか。
後者の方が安全かな。


ひさびさに電子工作

スマートメータの観測装置をmbedベースからESP8266ベースに変更予定。
有線LANがうざったいので無線LAN化と小型化を目論んで。

去年作りかけたソース持ってきて、wi-sunモジュールとの接続もデバッグ表示シリアルもハードシリアル(SerialとSerial1)にして試し中。
相変わらず化ける&wdtでリセットするのだけど、mbed化した時にノウハウを得ていたのでなんとかなるだろう。