2017年11月一覧

アレクサがやってきた

11/9に招待を依頼して待つこと20日。招待に即応して、届きましたよecho dot。さてスキルを作成しようと思う。うちのマイコン類で測定してる気温、湿度、照度、電気などのデータ。今はとあるアカウントで1時間毎にツイートさせてる。これをアレクサに読み上げてもらう感じで。「昨日の10時の気温は?」とか「今年一番暑かった日は?」など過去データも対応させたい。非公開のプライベートスキルも対応出来るようなので一安心。
やっぱgoogle home miniとの対決もさせるべきか?


Newボデイバッグ

小さいのはいくつか持っていたが、大きめのボデイバッグを買った。弁当箱と折り畳み傘とタブレット端末が入る程度のNOMADICの奴。
なぜボデイバックかというと、乗り物の椅子席に座る時にくるっと腹側に回せるから。今まで使ってたデイパックだと一旦腕を外して回さなければならない。この動作が片麻痺だととってもやりにくい。で、背中に背負ったままだと席が窮屈で腰がいたくなる。そういった訳での購入。
今回買ったものは数点残念な点があった。たすき掛けのバッグ下側での止め位置が右側固定。大抵のボデイバッグは左右にスイッチできる様になっているものだが。バッグサイズゆえの強度の問題からか?左上から右下へのタスキになり右片麻痺の自分にはかぶりにくい。サイドに傘入れらしきものがあるが小型の全自動折り畳み傘でもギュウギュウ。全自動でない折り畳みを想定してるのだろう。500mlのペットボトルはどうやっても入らん。
あと全体のサイズ的にもうちょい大きくても良かったけど、まぁ合格です。Amazonで20%オフだったし。


ゴルフボール探し

昨日のOTリハビリの時にセラピスト井上くんから「ゴルフボールで足の裏をマッサージすると良い」と言われたのでゴルフボールを買いに出かけた。

ゴルフをするわけではないので適当なもので良し。まずダイソーへ行ったが無かった。スニッカーズminiを3つ確保。

ドンキホーテへ向かう。フロアガイドをみて4Fのスポーツコーナーへ行くがどうも見当たらない。レジで聞くとスポーツコーナーとは名ばかりでサポーター類を売っているだけらしい。ゴルフボール売ってるか聞くと5Fとの返答。5Fを一周りしてボールコーナーをみつけて、OBボール3個98円を見つけたので買うことに。レジにいったら1Fのレジに行けとあるので下りエスカレータを使う。左手が杖とゴルフボールでいっぱいなので、手放しで下りエスカレータに飛び乗る初体験。しかも4回も。もうドンキでは買わない。

歩いて帰ろうか迷ったが、10分後にバスがあるのでバス停へ向かってバスで帰宅した。買ってきたゴルフボールを足の裏で転がしてみたがキクー!!


特別展 驚異の超絶技巧!

朝イチでOTのリハビリに病院行ってJR立川駅でツレと合流して行ってきました、日本橋の三井記念美術館。上りの中央線も運良く座れた。
神田駅で降りて歩く。途中でお昼ごはん。京都 勝牛で牛カツ。旨し。
中央通りを南下して、三井記念美術館。7階にあがって、障害者手帳見せて無料で入る。ツレも介護者で無料。
天気が良いのと来週までの展示だからか人が多い。去年、東京芸術大学で同じような技巧ものの展示をみたときは空いてたのに。あ、あの時は雨だったな。15時くらいまで鑑賞するとだいぶ身体が疲れてきた。千疋屋のパーラーでソフトクリーム食べて、日本橋を渡って東京駅へ向かう。途中、ツレが見せたいという三越の女神像?みたりして。帰りの中央線は運良く特快の大月行が座れた。ウトウトしながら帰宅しました。美術館博物館のかがむ歩き方は体幹がとってもつかれた。

東京に30年近く住んでいるが、日本橋に行ったのは初めて。



麻痺側片足立ちの為の練習

麻痺側(自分の場合右足)の足だけで立つというトレーニングがあるんですが、どうも苦手。足関節がいうことを聞かない、倒れ始めると戻せない。

で、思いついてちょっと楽な方法を発見した。18センチのメディシンボールを使う。左足を単に上げるのでは無くこのボールにのせた状態で右足でバランスをとる。バスケットボールでもできるでしょう。バランスが崩れそうになっても麻痺側の足でリカバリーができますし、足首が動いてる感覚が得られました。

上肢で壁伝い的な補助方法だとバランス微調整を上肢がやってしまって足首が動かないんですよね。


初流鏑馬観覧

立川の流鏑馬を見てきました。9時前のバスで出て、高松町三丁目バス停からあるく。損保ジャパンのビルの西側から9:15ごろ会場入り。まだ空いてるので2の的の手前の無料立見席の最前列をゲット。

いやぁ、初めて生でみたけれど速い人(と馬)は速いねぇ。上手い人は体軸がぶれないし、馬も速いし、的も皆中(全ての的に当てること)だし。
ロバート・キャンベルの英語解説もよかったし、ファイナリストが4人いる演出?もおもしろかった。まぁ3人目以降は演出としてはくどいけれど、プレイヤーの技術はすばらしかった。自分は寒空で3時間近く立ったままでしたので、麻痺側足関節は痛くなるわ、健側もヒザから下ががしびれてくるわでしたがなんとかもった。

ツレのお茶の会のメンバーもきてたらしく、お落ちあって菊松食堂でお昼たべて帰宅。カキフライが大きいわ美味いわで満足でした。お昼食べたら足もだいぶ復活した。


自宅IPv6

自宅の自分のメインPCとツレのPCをIPv6対応にしました。

入院中にプロバイダからなんか手紙がきてたとツレがもってきてはいたんですが、タブレットでネットしてて検索能力が落ちてていまいち解ってなかった。昨今ちょっと調べなおすとうちのプロバイダでうちの契約で特に申請無くIPv6 IPoEが使えるようになってるようだった。
ルータの設定をいじってIPv6を通して、PCでIPv6をバインドするだけであら簡単。IPv4はいままでどおりPPPoE環境下でつながるからマイコンたちも大丈夫。しかしv6になるとIPアドレスでの接続はナンセンスだから名前解決が必須だな。

ここ(AWS EC2)とか自宅マイコンたちのIPv6化は例によって追って実施ね。あ、mbed LPC1768ってIPv6行けるのか?最悪外部通信はpiにやらせてもいいけど。


フルタイムの出勤になって1ヶ月

今日でだいたい、フルタイムの出勤になって1ヶ月。やはり長い間の座り仕事の所為か、午後は歩行がぎこちなくなる。だんだん体が重くなっていく。
でも、それだけで大きな問題はなさそう。まぁ右片麻痺が大きな問題ではあるが。発病からも8ヶ月になりますね。


右麻痺と左麻痺

うすうす感じていたのだけれど、ネットでブログ書いたり積極的に活動している片麻痺の方は左麻痺の方が多いように思える。

世間が右利きに便利なようにデザインされてるし、実際の比率的にも右利きが多い。自分も右利きですし。「利き腕が使える」のと「利き腕が使えない」のでは同じ片麻痺でも偉い違うと思う。あ、左利きで左麻痺の人も「利き腕が使えない」方になるな。
利き腕が使えないと、字を書く・箸を持つ・ハサミやナイフを使う などがやりにくくなる。自分は右手を使えるようにしたいので、完全な利き手交換はしません。左手が活動的になると、右手の活動を抑制してしまうそうだから。

まぁ、そんな事を思ってます。