スティックコーヒーのスティック千切り

 身近な目標を試してみた。スティックコーヒー千切り。今までははさみで切っていた。外食店のおしぼりも紙タイプのおしぼりは大抵ビニール包装で開けにくい。こういうこともあって普段からビクトリノックスのナイフ&ハサミをキーホルダーにしてる。こいつのハサミも小さくて使いづらいのだが。
 昨日、小さな目標ネタを書いたのでチャレンジしてみた。ただ、厳密にいうと利き手変換の領域になってしまうが。「左手に本体を持たせて右手で先っちょを千切る」ではなくて、麻痺側の右手で本体を持たせて健側の左手で先っちょを千切る」。いままでのハサミの時も右手でスティックを保持していたが、千切るときはそれなりに押さえなければならない。
 いざ、テスト。と、思ったが一発で成功。スティックは右手でやるときと対称になるようにちゃんと裏返しに持った。ただ、ぎゅっとしてしまうとしばらく麻痺手はこのままだ。これがすぐにゆるむようになるのも目標のひとつだね。