坂を歩く

2Fの小ルームで理学療法のリハビリ。残り10分のところでセラピストが「外行きましょうか?」と。今日は杖を病室において来ていたので3Fの病室まで取りに戻って1F玄関から外へ。
この病院、小山の斜面に建っていて、アプローチの道が結構な坂。数個のヘアピンの折り返しつき。今の時間は梅雨空もおやすみ中。
最初は下り。やっぱ重心が後ろ過ぎになっている模様。なぜか下り坂なのに麻痺足の振り出しで靴底が引っかかる。今日は作業療法も午前中にやったから疲れてる?ヘアピンの出口まで行って上りの折り返し。上りのほうが楽。歩きも山の上りを登っているようなペースなので、昔やってた低山歩きをおもいだす。あっという間に玄関に戻ってきた。
坂は全体ではもっとあるので近いうちにまた歩きに来るでしょう。天気の日にね。