食べ物・飲み物一覧

タイ料理 立川 カオマンガイ

タイ料理 立川 カオマンガイ

晩ご飯に立川南口のカオマンガイへ行ってきた。こぢんまりとした店。席自体は24席あるけど、7組くらいしか入店できない。1席は店の外の席(現地屋台ちっくなビニールのカバーはあるけど)。17:00開店の所を18:00に行ったらぎりぎり入店できた、セーフ。あとから3組くらい来たけど外で待ち状態でした。

ソフトシェルクラブサラダ、ヤムウンセン、パッガパオ、パッタイ、ビッグ・カオマンガイ、アイスクリームのココナッツミルクがけ。今回のメニューは総じて辛くなかった。辛めなのはヤムウンセン位か。どの料理もパクチーがあって旨い旨い。駄目な人は駄目なんだろうなぁ。美味しゅうございました。


駿河国、伊豆国 一之宮

駿河国、伊豆国 一之宮


大きな地図で見る
 溜めた振替休日を使って一之宮めぐりをしよう。ついでに、6月30日の夏越の大払も見ようって事で、富士宮へ。東京→三島→富士→富士宮。富士宮は土砂降りで雷鳴も聞こえた。TAXIで今夜の宿へ。また、運転手さんと神社話してたよw。「花の湯」でたっぷりと今年前半の疲れを落とす。晩御飯は富士宮焼きそばではなくて鱒カツ丼。当地のどんぶり自慢コンテスト優秀賞だとか。で、適当に風呂入って寝る。
 翌朝30日。5:30に目が覚めお風呂へ。この時間は露天風呂には出られない模様で内風呂。朝ごはんはオニギリと味噌汁、サラダ他が宿泊費に入ってたのでそれ。ここ無線LANは無かったけどネットに繋がるPCが3台おいてありました。値段と気楽さを考えると悪くない所だな。
 で、7:00にチェックアウトして歩いて小雨の中を富士山本宮浅間大社へ。全国の浅間神社の総本宮。坂をどんどん下っていきます。富士山の裾野の町だから坂なんですね。一旦二の鳥居まで行ってから参道を社殿へ。茅輪が準備してありました。脇を抜けて咲夜さんもとい木花之佐久夜毘売命に参拝。社務所で御朱印を頂いたときにハプニングが。押印係の巫女さんが駿河の国一之宮の印を上下逆さに押してしまいました。お詫びとともに和紙に正しく押した御朱印をもう一つ頂きました。自分の人生らしい出来事でしたw。大社横の公園で喫煙してると鶏が二羽。これは「神宮にも来なさい」と天照大神が使いを寄越されたのかもしれない。電車で移動。富士宮→富士→三島。
 三島駅外の観光案内所で地図ゲット。三島は曇り空で、傘は不要。街中に小川ってかせせらぎが沢山。川の中の道を歩いたりして桜家で昼食。腹ごなしに国道一号線越えたところの池まで源兵衛川沿いにふらふらと。夏だったら涼しげだなぁ。だって川の上を石や木の道を歩くんだもん。で、戻って三嶋大社。
 三嶋大社、全国の三島神社の総本宮。では無いのだよね。ひとまず参拝して御朱印を頂く。14:00の神事まではまだ小一時間程度あるので境内をぶらぶら。何か動物のにおいがするなぁと思ったら神鹿園があって鹿さんが沢山いましたよ。14:00近くなってくると氏子さん達がぞろぞろと。私は脇で見てるだけ。で、神事。大祓の祝詞あげたりいろいろの後、茅輪くぐりの神事。沢山の人がいるのでクロスしないようにすごい大回りの八の字。自分はちゃっかりひと段落した後で小回りの茅輪くぐり。これで悪いものが落ちてるといいね。
 で、三島→東京で帰宅。三島駅サラリーマン多いなぁって今日は平日月曜日だ。国分寺あたりで携帯の電池がアウトでシャットダウン。suicaで出られるかなと思ったけどピピッと大丈夫でした。extensionモードみたいな奴ですかね。次の一之宮はおとなしく首都圏の予定です。諸々の画像(一部動画)はPicasaに。

うなぎ 桜家


11:00開店の15分前に行ったら待ち1組あり。開店後もすぐに4組くらい入ってきた。平日なのに。重箱の一番高い奴を頼んだ。死ぬかと思った、値段ではなく鰻の量に。2枚重ねの2列、計4枚。しかもご飯も上げ底では無くしっかり量がある。蒸らし具合は丁度良い。高瀬はちょっとほぐれすぎ。ご馳走様でした