デイリーレポート一覧

引き続きchrome|chromium osをお試し

 chrome osでのsshはctrl-alt-t押した画面で「shell」で sshコマンド使えばOKな事がわかった。ASUSからも「CT100」というchromebook tabletが出るみたい。スペック的にはacerと同じ感じ。ボディにバンパー付いてるのはいいな。
 OSS版だけ触ってても・・・なので実機確保に走ります。slateは片手にはハンドリングしづらいかねぇ。


chrome osを3日ほど試してみて

 cromium osのcloudreadyを試している。残念ながらplaystoreによるandroidアプリの導入はできないので試せてないが。でも日常的にやってることは大丈夫そう。NASへのアクセスも「Filesystem for windows」でできた。でもsshクライアントはandroidアプリになるのかなぁ、まだ試せてない。arduinoへのUSB-UARTでのソフト書き込みなどは流石に大変そうだが、それは今の自宅メイン機のLinuxでやれば良いし、piを用意してもいい(armのpiだと自前でコンパイルしないといかんx86系しかバイナリ配布が無いソフトはあるけどね)。
 ただ自宅PCを置き換えようとするとデスクトップ向けのchromeboxは国内での販売価格がひどすぎる。chromebookはキーボード付きゆえの配列問題と、意外と重いという点が・・・。ちょっとタブレットで試そうかなとD651N-K9WTを検討したい。


天気の良い2019元旦

 おめでとうございます。
 新しい年を迎えることができました。リハビリを続けているおかげで、ものすごーく遅い速度ではありますが動作が改善してきています。手指に関しては先は長そうですけどね。このドメインも22年目。もう少しで人生の半分をkumachan.comと一緒にすごした事になります。元旦に挨拶書くだけのブログにはならないように人生を楽しく続けたいです。

 


chromebookというか

 欧米では人気があるのに日本で受けないらしいchromebook。
 ちょっと調べてみたが、今 市場にある機種でLTEモデムを積んでいるのは殆ど無い状況。あとノートPCでも同じくの個人的困りごととして、キーボード付き端末ならUS配列にしたい。US配列でLTEモデム付きがなければ2in1かE inkキーボードか。そんなこんなで購入のスレッショルドが下がるまで待ちとして10インチandroidを更新した。500gのはずだが今まで300gのを使ってたので重く感じる。あと画面が4×3じゃないので横置きした時に縦が狭い。この点だけはiPadを評価する。
 さて春(夏?)にはslateにLTEモデムが載るとか話もあるので(バンドが日本国内カバーしてるか不安だが)、使い心地を試したい。という訳で、家に転がってるGIGABYTEのBRIXにchrome osを入れてみた。うちは小型ベアボーンがいくつかゴロゴロしてるのでVMでなく実機でのテスト。
 セットアップしてちょっと使った限り動作速度的には大丈夫。CPUは2コア2スレッドのCore i7-3537Uだが、Windowsのようなタスクが多いOSでなければ大丈夫。青歯運用としたいが青歯キーボードどこやったっけ状態。現時点で気になる点はマウスホイールの速度調整をする所がみつからず、劇少ないスクロール量に耐えているところ。マウス側でスクロール量を変更できるヤツつかう事で対応はできるかと思うし、実際のchrome os端末を買う時はタッチパネル機にするから大丈夫ではある。ともあれ青歯テストはしておかなくては。あとは普段使うソフトが動くか次第。androidアプリを使うことで対応できるとは思ってるけどねぇ。前使ってたEvernoteみたいな、アプリ版とweb版で出来ることが違いすぎるという様なソフトが少なければ安心なのにね。




GCPリージョン調査結果

 us-central1-fアイオワとus-east1-dサウスカロライナにインスタンスを作ってみた。請求では両者も「in Americas」で課金も0円でした。

 ping調査はシンガポールも追加してやってみた。ping元は東京。
 オレゴン(us-west1) 95ms
 アイオワ(us-central1) 132ms
 サウスカロライナ(us-east1) 160ms
 シンガポール(asia-southeast1) 89ms
やはりus-west1がAlwaysFreeには良さそうだ。


自費リハビリ2回目

 今日は2回目。土曜日は朝が空いてれば朝を振ってもらってるので朝イチの9:00。見学のツレと一緒に。
 はじめの1時間は例によって鍼灸でほぐす時間。残りの1時間がセラピストさんの時間。今日は下肢の状態チェック。
 下肢の感覚は「関節が曲がってるか伸びてるか」は完全正解できるのだけれども、柔らかいスポンジと硬いスポンジを当ててどっちか当てるのが正解率が低い。表面のセンサーがだいぶやられている。最後の10分で別のトレーナーとredcode(昔流行ったiisのワームみたいだ)を初体験。redcode、急性期と維持期でお世話になってる病院のリハコーナーにもあるのだが、自分は使ったこと無いし他の人が使ってるのを観たこともなかった。下肢で初トライしたけどゆらゆらで気持ちいいね。家で同じようにつくれないかなぁ。
 まだ2回目だけれども、自費だけ有ってセラピスト側もやる気がある。自己トレーニングのことで「こうしたら良い」「この方が良い」「それはあまりやらないで」などの助言も貰える。今の所プラスの感触です。


ロスからオレゴンへ再移動

 こないだ東京からロスへ移動したこのサイトだが、どうも課金情報を見る限りでは課金されているようで。無料クレジットで相殺されるので実害はない。AlwaysFreeは「バージニア州北部 [us-east4] を除く米国リージョン」ならどこでもいいと思ってロス[us-west2]にしたのに。
 で、オレゴン[us-west1]に再移動。us-westにこだわるのは日本との通信のレイテンシーを小さくする為。eastに建てて比較したわけではないが。(まだ無料クレジットがあるので年末年始にいろんな場所に建ててみて比較してみるかね)肝心の課金はどうかというと、ロスは1日25円と出ていたのがオレゴンのインスタンスは0円と表示されてて一安心。なぜかSKUの表示が「Micro instance with burstable CPU running in Americas」となっていて「in Oregon」でないのが不思議。ロスの方は「Micro Instance with burstable CPU running in Los Angeles」なんだよねぇ。AlwaysFree対象の「米国」が「in Americas」なのか。やっぱus-east1, us-central1で比較しなきゃ駄目かなぁ。
 ともあれ、これで無料クレジット切れてもここのコストを抑えられる。googleが方針転換しない限りだが。


保険適用外自費リハビリ1回目

 やっと待ちに待ったこの日となりました。
 会社はフレックスタイムを15:00で切り上げて15:45に現地入り。同意書書いて2ヶ月16回分の代金をカードで支払った。
 2時間の内、前半は鍼、お灸による緊張緩和。下腿三頭筋がだいぶ縮んでいらっしゃる様で足関節の背屈が出来ない訳だ。後半は体験版と同じく上肢の感覚調査。今日は健側と麻痺側で比較したりした。肩の水平を崩さずに骨盤を立てたり戻したり左右に動かしたり。自己リハ課題も3つほど頂きました。次は土曜日9時です。年内は12/27(木)が最後です。