新変身アイテム

 水曜土曜で利用してるリハビリセンター。昨今は店舗数拡大に躍起でスタッフの入れ替わりが激しい。スタッフが変わっても同じサービスが提供されていればいいがそういうわけで無く、こちらが再度説明しないと話しにならない。なんか利用者をないがしろにしている気がする。一週間2回で諭吉4人弱が消えていくのだから。リハビリ難民を食い物にするのではなくやってほしい。
 さておき、前回だか前々回だかオルトップの悪いところを相談したら「サポーターはどうでしょう」的に言われたので適当にAiderの下垂足サポートを見繕って早速ぽちっとして昨日届いた。今日のリハから帰宅後に試したら・・・。なんかいい感じ。なのだが、素材がネオプレーンなので厚みがあってジャングルモックには入らない。靴下履かなければいけるかもだが、それだとサポーターが臭くなる。こないだ買った最新モデルではサイドファスナーが短く改悪されたニューバランスのシューズでは使えるので意味はある。今までの硬い装具でなくても効果はあるし、後ろへの蹴りも行けそうな感じでのぞみが出てきた。
 追記:ジャングルモックに足が入らなかったのは、サポーターの厚みだけでなく、麻痺側がクロウトゥで甲高なアーチになってしまってるのもあると思った。あ、「アーチ」だと新スタッフさんに指摘されてしまう。「内側の縦のアーチ」の事。
 追記2:ゆずって考えると、「杖をもって足が突っかかっても転びにくい状態で、正しい足のふりだしをし続けろ」ということかも。自分の利き手が麻痺によって封印された状態で、「利き手でないけど唯一使える側」の左手がfreeになるように、杖なしで歩けるように退院後半年で杖の使用をやめて頑張った。いまここで杖を持てば今後の回復に対して「これこれこういうこういうメリットが有る」を説明してもらおうと思う。家に帰すだけ、トイレとお風呂が介助は要らなくなるだけのリハビリじゃそこらのリハビリ病院(=国の方針)と一緒。まぁ、リハビリ病院は保険点数に入らなくなると踵を返すけど。ここも創業者の思いなんてもんはビジネスの前には実は無かったんだろうか。あと営業時間を遅くして貰えれて内容をちゃんとやってくれるのなら週3回でも頼みたいところ。


Chromebookの良い点は

 Googleがtablet形態のchromebookはslateで終わりにしたいらしい。8インチ chrome os tabletは出てこないのか?asus acer頑張って!
 なぜ自分がchromebookにこだわるかというと、LinuxやWindowsと同じchromeが使えるから。Androidにもchromeはあるけどあれは別モン。使い勝手は全然悪いし、拡張機能もPCと同じのが使えるわけではない。
 なぜchromebookが日本で受けないか。未だにOADGの日本語キーボードにこだわってるからかね。ローマ字で打ってるくせに。いちいち日本のキーボードつくるのも馬鹿らしいし。
 WWAN積んで英語キーボードでChrome OSで600gくらいの端末が出ないかな。Windowsはやっぱ重いんですよ。起動までが重く、不要なサービスがたくさんありすぎる。毎日会社で朝起動する時に呪いの言葉を叫んでますし、ユーザの操作を受け付けなくなるタイミングも多すぎです。あいかわらずMS-IMEがバカだし。まぁAndroidでPCのchromeが動けば満足できるかは昨今の18×9の端末見ていると、「そうじゃないだろ」と思うし。


RE-Gait 3回目

今日のリハビリはRE-Gaitでの歩行も入れた拡大版。普段より早く会社を時短して向かった。
前回の2回目は歩容が変わったせいか圧力センサーがうまく反応しなかったのだけども、今回はバッチリ。下肢もまっすぐ振り出せて、以前の歩行に近い感覚。で、最後にRE-Gaitなしで歩いてみたら・・・。麻痺側の指が床に巻き込まれて痛みで緊張とクロウトゥがでて、また、足を持ち上げる動作に戻ってしまう悪循環。足先だけの装具って無いのかねぇ。もしくはTurboMed FS 3000か。尖足でなく下垂足方向で探した方がいいのかね。「足指が痛くても前見て姿勢正して歩け」ってどんな苦行か罰ゲームなのか。


八王子オーパ

 ツレがこないだ義母と食べてきた店に行こうというのでリハビリ後に待ち合わせして昼ごはんに行ってきた。「金沢回転寿司 輝らり」で八王子駅南側に新しくできた駅ピル「八王子オーパ」にある。駅ビルなので今日みたいな雨の日には濡れないで行けるからいい。立川の駅ビルにも寿司屋はあるがルミネの方は論外でグランデュオの方はシャリがまずい。ららぽーと立川立飛は非常に残念だが、最寄り駅やバス停から雨に濡れずには行けない不思議な作りとなっている。
 で、八王子駅オーパの寿司。ネタ的にはツレが好きな白エビはある。自分的にも白身がそこそこあって良いし。なみだ巻きがあるのを見つけたので、頼んだら結構辛かった。だが、全体的に価格が高めの為か客入りが悪い。雨とはいうものの土曜日の12時台だ。先は長くないかもしれない。
 昼を食べたあとは同フロアの「パンプロ」でパンを買って、「となりに。日本百貨店」にツレがハマる。自分的には「オリエンタルカレー」があったのが懐かしかった。店名通り日本各地のご当地名産品だね。「キリンラーメン」あらため「キリマルラーメン」は無かったな。「カルディコーヒーファーム」があったので買おうとしたが、ここで買うより家に近い方の立川ルミネB1のショップの方がいいんでない?ということで帰りました。
 こういう駅ビルのショップが最近どこの駅でも同じショップが入っていることになんとなく危機感を感じる。「カルディ」「スタバ」「大手百均」等。
 


今日のリハビリはちょっと違う感じ

 前半1時間はいつもの様に鍼灸師による緊張緩和処置。後半は、大阪店から研修できてた女性セラピストさん。いつもの様に自分は人の名前を覚えられないので名前はわからない。まぁ関西弁のかたです。開始早々に「いい感じにすわって」と言われて意図してることがわからんかったです。手技が以前リハビリ病院に入院中に1回受けた女性PTのそれと似ている感じ。誘導するタイプでなくゴリゴリのマッサージタイプ。何度か「痛かったら言って(実際には関西弁で)」と言われたが痛くなかった。こう言われるってことは麻痺側だけでなく健側もいじってます。麻痺側は感覚鈍いですから痛くはなく、ぼんやりと心地よい感じです。
 そして、足関節の背屈動作を何回かしてから歩行。なんかできてるらしい。何ができてるかは実感が無かった。でも、ヒントはつかめた気がするので試していきたい。でも最大の問題は駅周辺はこのゆっくり速度だと歩けないし、他の健常者と動線が交わるとタイミングが合わせられなくて動けなくなるのだよなぁ。


昨今気づいた困ること

 今の自分は脳出血の後遺症で2つのことが同時にできません。どういうことかというと、「あるきながら話す」こと。みなさん普通にやってらっしゃること。だが今の自分は歩いてる時に話しかけられると会話が終わるまではあるきがとまってしまう。ツレには何度かいわれてるが、どうしようもない。歩くために路面・対抗人などの情報を処理するのが大変。そもそも健常者は脊髄のCPGで意識することなく歩けてるのを自分のような脳が壊れてしまった人は視覚・聴覚・感覚など様々な入力を判断しそれを動きが悪い運動器へ入力してなんとか移動している次第。
 これの派生で、今週、職場で立ちながら込み入った話を聞く機会があったのだけども、全然頭に入ってこなかった。立ってるだけで、右足の特に右足首は麻痺でコントロールができないので左足でなんとか姿勢制御をしている。この静止時の姿勢制御に結構な脳の集中力を使うようだということを発見した。もう、こういうときは立ってるのは無駄だから椅子に座らせてもらうようにしようと思う。

 2つのことができないといえば、麻痺側右半身の筋肉は単体毎にしかコントロールできない感じ、「バンザイ」などの複数筋肉を同時制御する動作は今はできなくなった。がんばって取り戻したい。


sony SBH82D

 amazonで予約してたsony SBH82Dが今日リハビリに行ってる間に届いた。pixel3aとペアリングして今まさにこれを書きながら使ってます。いい感じ。両耳タイプだが外の音が聞こえるタイプで、通勤時に使おうと思う。音漏れも無いようだし。ただネックバンドの部分がちょい不安あり。直近は片耳ヘッドセットのplantronicsのEXPLORER500-Wを使ってました。

 何故コレを買ったかといえばJabra ワイヤレスイヤホン Elite active 45eをニュースサイトで見かけて、外の音も聞こえるオープンタイプを調べてたら行き着いたモノ。発売日も1週間違う程度。jabraの方が高いけど防水あり。でもしばらーくsonyの青歯ヘッドセットは買ってなかったのでこっちにしただけです。個人的には音楽をきける青歯ヘッドセットはモトローラのs9が一番好きでした。もう10年以上前の製品かw。青歯なしのサングラス付きmp3プレイヤー(逆かw) Oakley Thumpも良かったですね。黒と銀のやつを使ってました。

 あ、最近骨伝導タイプはどうでしょう。マイクでなくてイアフォン部分で骨伝導なやつ。試しにamazonで検索したら中華全盛だ。中華でも玉に出会えればいいけど石多いから。まぁ、音楽も早く神経に直結して貰えれば電車内のスマホ普及によるにわかの音漏れがなくなるのに。って漏らしてるやつが神経直結にしないと駄目なのだな。


ニューバランス一体どうした。ほんの少しのコストカットでもうお薦めできない。

 靴を新調した。試着返品可能なAmazonのワードローブにて。退院後に履いていたうちの1つがオルトップとのスレで内側布が裂けてヒールカップがコンニチワしているので。
 オルトップ毎履けるので迷わずニューバランスのサイドジッパーモデルを買ったのだが。届いて試着してみると装具つけたままだとジッパー全開にしてもぜんぜん足が入らない。
 どうやらサイドジッパーが最近モデルだと短くなってるようだ。。短さはほんの1cmも無いくらいだけど、装具のオルトップつけた足で履こうとするとアッパー部分が入らない。先に装具入れといて足を半分ほど何とか入れて体重で踵を押し込めば入った。これだとオルトップでもLHタイプだと無理かも。装具対応のシューズって年寄り用のクソデザインが多いところ、オルトップならさくっと入るニューバランスのサイドジッパー付きウォーキングシューズだったが、もうおすすめできなくなっちゃったなぁ。2017,2018年のモデルは大丈夫だったので、現物合わせするしか無いですね。
 あー、自分は買いました。1つサイズが明らかに違ったのは返却しましたが。今週から装具なしで歩いたりしてるし、装具ありでも押し込めば足は入るからいいし。今はサイドジッパーよりメレルのジャングルモックみたいな紐なしタイプでつま先がはっきり上がってるタイプを探してる。ソールはグリップが無いほうが良い。


初めて装具無しで出勤してみた

 梅雨前のいい気候でもあるし、装具無しで通勤してみた。「装具は無いけど杖はある」という落ちは無いよ。装具も杖も無し。一応装具は保険としてデイパックに入れて。
 なんかいい感じで職場まで来れてしまった。右足の動きもいいし、足裏の感触がまた今までとは違う。動きは踵を持ち上げるのではなく前方へスライドさせるような感じ。リハビリ病院でこんな動きをやったのをぼんやりとだが思い出した。
 帰りも装具無しで帰っては来たものの、疲れと風が冷たくて寒いので思い出した動きは出来なくなっていた。これからもコンディションが良いときは装具なしで行ってみよう。自分では動かせないながらも開放された足首の周りが心地よかった。


バリアフリーは難しいというより自分がそうならない限り考えてないでしょ

自虐的な事を書けば
 街中を障害者が歩いてたりするけどあれって邪魔なんだよね。エレベータ使おうとすると乗ってくるし。狭い道あるいてても遅いし。俺の邪魔しないでくれる?会社に遅れそうだから。
(さすがに病前の自分はこんな事思わないし、急ぐときは階段ダッシュですよ。とにかく障害者健常者かかわらず自分の歩行の妨げは相手に干渉せずに自分からよけて歩くタイプだった。たまに同じタイプの人と相対して同じ方に何度か避けちゃうこともあったり。)

昨日のエントリーで以下のように書いた
>障害者って車椅子だけではないんだけど、どうもバリアフリー=車椅子対応みたいな対応をみてると・・・です。

それに絡んでこんな記事を見つけた。
東京のバリアフリーは間違いだらけ
続・東京のバリアフリーは間違いだらけ
残念なことに、この記事は個人情報を登録しないと続きが読めないので本文全てはよんでいません。

自分的観点だと
片麻痺と回復期以降の保険制度の間に落とされた自分には「点字ブロック」と「歩道に対して車が出入りする部分の歩行者進行方向90度で横切るの車道とのスロープ」は歩行上の障害です。避けたり歩幅を変えたりして対応しますが、その対応への負荷がスマホ見ながら歩ける健常人より大きいです。
エレベータの案内に関しては確かに足らない。エスカレータにとっては更に足りないし上り下りどっちかしか無いとか時間帯で上り下りが入れ替わるとかいじめてるとしか思えない。その情報が駅構内図とかをググって載ってるかというと載ってない。特にJR新宿駅。東京駅でも構内に階段あるし。手すりは端っこしか無いし。
一点セラピストさんにいうと驚かれる点は雨の日のほうが歩きやすい事。石が多めのアスファルト歩道でコールタール分がだいぶ抜けてボコボコだったりするところは濡れている方が引っかかる恐れが無くてあるきやすい事。駅コンコースなんかも同等かつこちらはほぼ平らではあるが、変に床面にハイテク入れて濡れるとグリップが増えるタイプだったりすると、低ミュー期待してる歩様のところを旧にグリップがかかって麻痺側の足関節に負担がかかるので正直怖い。
パラリンピックが来てくれるので都心の古い施設(駅・歩道)は改善されることを期待してはいるんだけど。過ぎてしまったらその時に改善されなかった施設はそのままなんだろうなぁ。