ダブルPTと方言

 最近リハビリカテゴリーの記事ばかりですみません。

 今期ラスト2回のリハビリ。普段は前半1時間を鍼灸で過緊張のノイズを減らして、後半45分を作業療法士・理学療法士。最後15分をREDCODEという具合。REDCODEできる人が来る前は療法士タイムが60分だった。で、今日は事前に更に30分延長と告げられまして。最初はベテラン鍼灸師1時間。次に、来月新店長になるPTさんでセラピストタイム1時間。さらに30分を研修中のPTさんでという具合。どうやら彼女は今日で研修は最後で関西で勤務されるようでした。神戸出身とのことで6/15の大阪の人とは話し方も違う感じ。ベースは関西のイントネーションですけどね。下町と山手のような違い。この神戸PTさんの中で健常左足をだして麻痺側右側が後ろで踏ん張る動作ができない。どこをどうしたらいいかは次回以降。もう一点、麻痺側を上げる時に左手で太もも下から介助したら駄目って言われたのでそこも聞いておきたい。ここの動作については初めていわれたので理由といままでの療法士はどうなのか確認したい。

 地域といえば新店長は三重県の出身でして、今日確認したら、やはり「ささって」を使う人でした。三重県(一部を除く)では、あした→あさって→ささって→しあさってで、標準のあした→あさって→しあさって とは「しあさって」が違う日になる。ビジネスでは絶対日時で(何月何日とか)やってるから大丈夫とは思いますが。
 今日の新店長(医療施設ではないので、店だし、自分たちは患者でなく利用者です。行政が後手後手だから。特に介護保険は考えたやつは土下座して金返せと思う。)に内反対応のザムストを案内されて彼女の私物のSサイズでなんとか試しました。つけたままで普通の靴でも履けるようになりそうなので帰宅後に早速ポチッとしときました。ZAMST A1 右 Lサイズ。靴のサイズは26.5cmなのでL相当。ジャングルモックで通勤できるようになるかな。ショートサイズもあるようなので段階的に使ってもいいかなと。

 帰宅後気になる点。鍼灸のSさんが今日はリゲイトですかとなんどか確認してた点。いや、しばらくいらないから。REDCODE担当者のデカイ腕時計端末をつい「パチもん」といってしまった件。次回詳細確認してフォローしておこう。