雨だな

雨だな。

部屋掃除のノルマが課せられた。どうやら来週火曜日に火災報知器の点検があるらしい。居間は良いとして、隣の部屋が倉庫と化しているので整理しないとなぁ。土日でなんとかしてみせよう。

帰宅したら電話が。でぃから朗報が。おめでとうございます。無事卒業したらお祝いしてあげますw。入っても出られなければ入ってないのと同じだし。自分も経済的余裕があれば医学部に行きたいなとは思うけどね、現実は厳しい。ただ、たとえ行って医者になったとしても今の医療行政だと探求者としての面白みがないな。まぁ、普段はメールだけど電話で掛かってきたから本人はウキウキなんだろうな。善き哉。30代の時に捕まえておくんだったかな。

自分の大学受験の事を思い返してみると打算的だなと思う。高校時代物理、数学に興味が抱けず、生物、化学系に進んだ。バイオテクノロジーって言葉が一般に出始めたのもこの頃。で、共通一次試験ってが当時はありました。二次試験は各大学で。実家から通える名大農学部は二次重視な上に数学がある。微妙なライン。ってことで太鼓判を押されてる一次重視の遠方の大学にある意味逃げで合格しました。当時は二次前期後期とか無いから、国立単願なのでどっちかの大学しか受けられなかったのだよな。私立?経済的理由により不許可です。まぁ遠方の地に行ってしまったので親には居住費など仕送りでだいぶ援助して頂きましたが。国立大の学費は当時年間25万弱でした。

シェアする

フォローする

コメント

  1. D より:

    出るだけじゃ意味無いんだってばさ。目標はその先さ。
    とはいえ、一年目で脱落する可能性も残ってるわけで。。。うがー!

  2. 某くま より:

    だしかに出るだけじゃ駄目だな。出てしまえば試験に幾度かはチャレンジできるんでしょ?自分もそんな気だったけど制度が変っちゃって受験資格喪失。

  3. 某くま より:

    たしかに出るだけじゃ駄目だな。出てしまえば試験に幾度かはチャレンジできるんでしょ?自分もそんな気だったけど制度が変っちゃって受験資格喪失。